家を建てるのが一生の目標になっていませんか?

家を建てるのは、一生の夢・・・

と言う感覚が私達日本人にはあります。


しかし、結婚と同じで、家も建てて

住み始めた時がスタートという考え方を

持っておく必要があります。


よく「家を建てたら終わりだと思っていたのに・・」とおっしゃる方

がいますが、家が「物」である以上は、経年劣化(けいねんれっか)

は避けられません。


もちろん、どんな材料を使ったか?

によっても、劣化の具合は異なっ

てきます。


だからこそ、定期点検や定期メンテナンスは欠かせないもの・・と言

えるでしょう。


これは、私達の人生が、10代、20代、30代・・・・と進んで行

くことに似ています。


つまり、家にも10代、20代、30代・・のように

ライフサイクルがあるのです。

ご自身の家族のライフサイクルと、家のライフサイクル。

大雑把で良いので、両方を一緒の表にしておくと、

いろんな時に役に立つかもしれませんね。


ただし、家のライフサイクルはあくまでも、目安。

おそらく、家を建てたばかりの時にはまだ、

ピンと来ないかもしれません。


ですが、メンテナンスはどうしても、必要なものですから、

今からでも、意識しておいて頂きたいと思います。


ただ、だからと言って、過ぎたるは及ばざるがごとし。

むやみやたらなメンテナンスも逆効果になります。


また、悪質な訪問販売もいますので、冷静に対応しましょう。

定期点検やメンテナンスの目的は、家を長持ちさせ、

無駄を省くことにあります。

素材や機器だけが、エコなのではありません。


定期点検と定期メンテナンスにより、

本当のエコ住宅を作っていきましょう。

工業製品を多用した家は、メンテナンスというより

新しく取り替えるということになります。

その点、塗り壁、無垢の木は長年メンテナンスをしながら

長く住み続けることが可能です。


アメリカやイギリスなどの長寿命住宅は

メンテナンスしながら、価値のある家になっていきます。

長く家が使われることこそ、金銭的な価値も高いということです。


新築より100年以上たった家が高く売買される理由は

それだけ価値があり、本物の証しということでしょう。


日本の工業製品の家は30年もすれば

金銭的な価値はないと思ったほうが

いいでしょう。


あ~35年も住宅ローンを必死で払ったのに

払い終わったら、また建て替え?

ふ~大変だ・・・


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net