見積もり比較は総額と仕様を比べる

家を建てる時、多くの方は2~3社から見積もりを取られる方が多いと思います。

中にはここで、ここ1社しか見積もりを取らないという方もおられると思いますが

その会社を心底信頼したらそれも間違いではありません。

しかし家づくりを考え始めたころは、真から信頼している依頼先はまだ見つかっていない訳です。

そこで目ぼしいところに複数見積もりを依頼するのですが、その見積もりを比べるときに訳が分からなくなります。

 

見積には明細がずら~と並んでいますが、会社によってその項目は同じではありません。

その細かい項目の金額がこの会社は高い。

この会社は安いなどと比較しても意味はありません。

見積とはどうにでも作れるものですから。

明細の一つ一つの金額を比べても意味がないのならどうするんでしょうか?

答えは簡単。

総額を比べるしかありません。

総額と仕様を比べるのですね。

総額と仕様を比べて初めてあの会社は高い。この会社が安いということが分かるのです。

見積の明細の金額なんてどうにでも細工出来るんですから(笑)

 

大事なのは総額と仕様ですよ!

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net