佐賀、嬉野も暑いです。熱中症になりやすい気温・湿度は?

■熱中症になりやすい気温・湿度は?

 

 

  気温35℃以上の環境は、非常に危険です。

 

  また、気温がそれほど高くなくても、湿度が70%を越えたら危険です。

 

  実際に、高湿度で風通しの悪い20℃程度の部屋で、

 

  熱中症になった事例があります。

 

 

  なお、過去に熱中症を経験したことがある人は、

 

  未経験者よりも再発しやすので、より注意が必要です。

 

 

 

  ■汗で湿度が上がりやすい夏の寝室

 

 

  夏の寝室といえば、室温だけに注意を払いがちです。

 

  でも、本当に怖いのは『湿度』なんです。

 

 

  汗は、蒸発する時に体の表面から熱を奪ってくれますね。

 

  ですが、湿度が高いと汗は蒸発できず、体温を下げることができません。

 

  朝起きて、体が重かったり微熱がある時は、寝室の湿度を確認してください。

 

  そのだるさは寝不足のせいではなく、熱中症のせいかもしれません。

 

 

  熱中症で高体温になると、大腸菌でつくられた毒が血液に混ざり、

 

  回復後も体の抵抗力が弱まったまま、という状態が数日間続きます。

 

  それが怖いので、熱中症患者には受診が勧められています。

 

  なのに、それを知らない人は、

 

  「これくらいなら大丈夫だから」

 

  と無理をしてしまうんです。

 

 

  あなたや家族に熱中症の疑いがあったら、まずはしっかり水分をとり、

 

  決して無理をせず、室温と湿度を管理した部屋で安静にしましょう。

 

 

 

  ■夏の寝室の注意点

 

 

  西側の寝室は、就寝前に室温を下げておきましょう。

 

  また、この時期は5時前から日差しを感じます。

 

  東側の寝室で昼ごろまで寝るのなら、室内に熱がこもりやすくて危険です。

 

  ですから、どちらの寝室も

 

  すだれやグリーンカーテンなどで、日差しを遮る工夫を考えてみましょう。

 

  防犯対策も兼ねて、ルーバー式の雨戸を設置するのもいいですね。

 

 

  2階建の住まいの場合、1階より2階の方が室温が高くなりがちです。

 

  もし1階に空き部屋があれば、

 

  夏の間は1階で寝る、という選択もあります。

 

  『いつも個室に分かれて寝る家族が、夏は1階の和室で川の字に並んで寝る』

 

  というのも、なんだか楽しそうですね。(#^.^#)


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。