建築費・価格が高い4つの理由とは

以前、欧米諸国と比べて日本の家が高い理由を4つほどあげましたが

覚えていますか?

1・建築費に占める職人の費用が高い(多い)

2・建材費が高い

3・全てにこだわる

4・日本の建築会社の諸経費の高さ

この4つが欧米諸国と比べて高いので日本の家は高いというレッテルを張られています。


ところで実際問題、家の価格を安くしようと思ったら

どこを安くしたらいいのでしょうか。


全てを安くしたら一番いいのですが、なかなかそう簡単にはいきません。

施主として外せないのは、やはり3のコダワリですよね。


ま~すべてにこだわりを入れたらとんでもない価格になりますので

自分が「ここだけは譲れない」というところはこだわってください。

仮に、単に安くしたいと思う人がいたなら、話は簡単です。

それは2の建材費が高いを安くすればかなり金額は下がります。


高い材料を安い材料に変えればいいのです。

ね、簡単でしょう。


でもそれでは住み心地が悪くなったり、耐久性が無くなったり

メンテナンス費用が高くついたり、冷暖房の電気代が高くついたり

ということで価格が安いという以外に

メリットはありません。


ある意味家の価格というのは安くなればそれだけの価値の家になります。

確かにハウスメーカーは高くてもそれなりの家になっている場合が多いので

そのあたりの見極めは大事ですが・・・


それとやはり日本の家づくりにかかる諸経費は異様に高いと感じています。

多いところで価格の半分近くを占め、適正と言われるところでも

価格の25~30%程度ですからね。


3000万の家を建てるのに諸経費が750万円~1500万円

というのは異常だと思われませんか?

そして家を建てるのにどうしてそんな多額な諸経費がいるのか

疑問に思われませんか?


私が施主なら良い材料を使って出来るだけ諸経費の掛からない方法で

家を建てます。


だって材料代や人件費の他にムダな費用は1円たりとも払いたくないですから。

何百万も諸経費を払うくらいなら自分の家に使いたいですからね。

今の家づくりは余分な費用がたくさん建築費に中に入っています。


これって普通に考えておかしいと思いませんか?


家は良い職人と良い材料がありそれを組み立てるための企画計画と設計図があれば

いいのです。それ以外は施主にとっては不要だと思いませんか?







いろいろな考えをする人がいるので一概には言えないですが

私の考えとしては家の基本性能に関係する材料は下げない。

ということではないでしょうか。

例えばサッシや断熱材このあたりを安い材料にすると

住み心地や健康に大きく影響しますからね。






家を手に入れようとしているあなたができること。

家づくりでお悩みのあなた。

ぜひ今すぐでもご相談いただけたらと思います。

一緒に家づくりの関する諸問題に向き合い「価値ある家づくり」を実践することで

あなたの大切なご家族が平穏に幸せに暮せるようにサポートしていきます。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net