住宅の建築費。値引きとコストダウンの違いわかりますか?

あなたは家づくりでのコストダウンや値引きをどのようなイメージを持っていますか?

 

あなたはコストダウンと建築会社に要求する

 

値引きとは別物だと思っていますか?

 

それとも同じだと思っていますか?

 

 

コストダウンと値引き要求は

 

完全に別物です。

 

表面的には、建築費を下げるためのものですが

 

中身は全然違うものです。

 

 

建築会社に要求する値引きは良く相見積もりをされる方や

 

価格重視の方が行いますが、建築費が安くなっても施主である

 

あなたが得をすることはありません。

 

 

なぜなら、値引き要求に簡単に応じるような建築会社がつくる

 

見積は最初から値引き要求されることを想定済の上見積価格が

 

出されているからです。

 

 

また、値引き要求されても値引き前と同じ利益は確保しています。

 

同じ利益を確保しながら値引きに応じた場合、

 

どうして値引きができるののでしょうか?

 

 

それは、材料を安いのに変え、専門工事を根切っているのです。

 

通常の値引きは施主にとって得にはなりませんし、

 

帰って粗悪な住宅をつくる原因に

 

なってしまいます。

 

 

ではコストダウンはどうなんでしょうか?

 

コストダウンは賢く上手にやると施主さんのためになります。

 

得になります。

 

 

上手なコストダウンは材料や品質変わらず建築費が下がる。

 

ということですので施主さんは得をしますし、建築会社も

 

きちんと利益確保ができますので誰もこまりません。

 

損をしません。

 

 

では上手なコストダウンの1番の方法は、施主が希望する家を建てるための

 

費用は優先的に使いますが、それ以外のムダな費用を省くということです。

 

 

ムダな部分とは建築会社の多すぎる経費や利益ばかりではありません。

 

あなたにとって必要ない性能や材料です。

 

 

たとえば、高気密高断熱の家が欲しい人にとっては

 

省エネルギーや夏涼しい冬暖かい家というのがその人にとって

 

欲しい家になります。

 

 

過剰な地震対策や、タイル張りの外壁など必要ありません。

 

過剰な設備や材料を使わなければ自然とコストダウンできます。

 

このような傾向は大手ハウスメーカーの家に多く見られます。

 

太陽光を標準でセットしたり、一般ではあまり使わない特別な

 

材料や建築システムを使った家を販売したがります。

 

あなたにとって不要な付加価値を付けて建築費を上げる。

 

カーテンや照明器具、エアコンはホームセンターやネットで買えば

 

安いのですが、そのような部材も価格が高い商品を標準仕様として

 

家の建築費の中に初めから入っている。

 

一見何でも建築費に含まれているので親切のようにも感じますが、

 

家の価格が高くなる原因です。

 

 

このような家や家づくりは賢いコストダウンはできません。

 

 

 

その他には、基礎工事、屋根工事、大工工事などを行う

 

建築会社や工務店ではなく下請の専門工事業者に工事を直接依頼するとか

 

建材メーカーと価格交渉をして値段を下げてもらうとか、いろいろあります。

 

 

まとめると、

 

 

1・多すぎる建築会社(建築費の30%~50%)の経費利益を適正(20%~25%)にする。

 

2・価格が高い過剰な設備や材料を使用しない。

 

3・専門工事は建築会社の中間マージンを省いた金額で注文する。

 

4.コストダウンしやすい間取りプランにする。

 

5.建材メーカーとコスト交渉をし、値段を下げてもらう。

 

この5つです。

 

この5つを実践することで品質を下げずにコストを下げることができます。

 

施主が損をする値引きとは大きく違います。

 

 

 

 

間取りはやはりそこに住む施主が主導で考えた方が

 

ベストです。

 

なぜなら、他人では本当の施主の暮らしが分からないからです。

 

間取りにもコストダウンに向いている間取りとコストダウンできない

 

間取りがあります。

 

そこはプロの仕事になってくるので、間取りがつくれない人は

 

大まかな間取りを自分でつくり、後は設計士に任せればいいでしょう。

 

 

コストダウンの効果はハウスメーカー対比最大800万円です。

 

少なくても500万円多くて800万円~1000万円もコストダウンができるのです。

 

これはすごいことだと思いませんか?

 

 

以上ですが値引きとコストダウンの違いが分かりましたか?

 

コストダウンはホントは施主さんが自分で行えば一番コスト的にはいいのですが

 

なかなか自分で全部できるものではありません。

 

 

そんな中で、

 

おススメは施主さんが自分でできないことややれないことを、

 

設計事務所や建築士に頼む方法もあります。

 

 

しかし、設計事務所では建材メーカーとの価格交渉をやれない、

 

専門工事業者の実際の価格を知らない設計事務所や建築士が多いので

 

実際の家づくりをやったことがあるのかどうか実績を確認してから

 

依頼してください。

 

 

 

そのような設計事務所を知らない方は

 

建築サポートまでご連絡を(笑)

 

 

現在は、日本の家を安くする!

 

というと大げさですが、そのような気持ちで

 

「品質落とさずコストダウンを行う

 

建築事務所」として活動しています。

 

いい家を無理な住宅ローン支払ではなく

 

生活にゆとりある支払にするには品質を下げずにコストダウンというのは

 

必須です。

 

 

建築サポートではそれを本業としてやっていますのでお任せください。

 

 

賢いコストダウンを行い、賢い家づくりをしましょうね。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net