昔から家づくりはアウトソーイング産業だ!

お施主さんは良い家を可能な限り安く建てたいと思っている。

 

ただ、建築会社はそうは思っていない。安定した利益を出したいと

 

思っている。だったらどうする?

 

 

家づくりは家づくりです。あなたが欲しいのは良い家です。

 

だから、家づくりのやり方、施工方法、施工体制を変えるのです。

 

建築会社から取った見積もりが高くてもあきらめることはありません。

 

 

家は家です。予算に合うやり方、家づくりの方法であなたが希望する家をつくればいいのです。

 

家づくりのやり方、方法、考え方を変えるのにお金はかかりません。

 

 

時代は変化している!住宅業界も変わる必要がある。

 

今のように建築会社が1社で設計施工材料仕入れ、

 

現場管理、設計監理、アフターメンテナンス、広告宣伝、経理等々

 

全てやるからコスト高になる。

 

餅は餅屋!専門業者は専門業者です。

 

 

家づくりもアウトソーイングの時代です。

 

高品質低価格の家づくりは専門性の高い仕事を分離することです。

 

 

良く考えてみると、家づくりは今もアウトソーイング産業です。

 

ただ、今は施主→元請→下請→孫請→職人と縦につながっています。

 

アウトソーイングのメリットは高品質の家をお手頃な価格でつくることができると

 

いうものですので、この縦の元請、下請の関係を改め、

 

施主=工務店=設計事務所等の対等な関係にしなければいけません。

 

縦の関係を横の関係にすることで多くのメリットがでてきます。

 

 

大手のハウスメーカーに施工を頼むより、地域の職人に施工を直接、依頼する方が

 

ムダ費用がかからず高品質で安いというのは容易に想像つくと思います。


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。