新築で結露が出るのは普通ではなく欠陥だと考えてください

施主さんは欲しい家を安心安全な予算で建てる。

建築業者は適正な利益できちんと施工し良い家に仕上げる。

 

注文住宅の家づくりではこのような家づくりをしないといけません。

 

施主も建築業者もいい関係でいい家づくりをする。

片方が得して片方が損する。

それのような家づくりは失敗、後悔します。

 

信じられないことで私もびっくりしますが、価格が2000万円、建築費が1800万円もかかった家が

サッシはアルミサッシで断熱材も施工不良みたいな感じで隙間だらけ。

 

これが1800万円~2000万円の家?

 

信じられない!という事です。

 

建築会社の利益をほんの少し材料費、高断熱仕様の方に回せばもっと良い家になりますし

夏涼しく冬暖かい健康に快適に暮らせる家のになります。

 

もちろん私が企画する家はどのように予算が少なくても、断熱材やサッシにはお金を掛けます。

 

それが家づくりの基本だと思います。

何千万円も掛けた家が冬寒い・・・・・

夏は寝苦しくてゆっくり安眠できない。

 

このような家づくりは最悪です。

 

ちょっとした設計の配慮。

 

ちょっとしたお金の掛け方でいい家にも悪い家にもなるのが注文住宅の家づくりです。

 

怖いですね。

 

良心的な家づくりのプロにめぐりあえれば家づくりは成功しますが、利益を出すことを

一番に考える普通の建築業者に当たれば失敗!

注文住宅の家づくりは、もはや当たり外れの博打の世界ですね。

 

メールの相談でもよくいただきます。

 

冬寒い。

 

夏暑い。

 

結露がたくさんついて不快!

 

 

最近の家は全部ではないですが、冬の寒さ対策、省エネとして、

高気密高断熱を採用している工務店も増えてきました。

高気密高断熱とは、簡単に言うと家全体の隙間を極力なくし

断熱性能を高めた家です。

クリックで拡大 エクセルシャノンの資料


ただ、普通に作った家も現在はサッシや

ビニールクロスを使うので

結果的は高気密高断熱の家になります。

高気密高断熱と普通の家との大きな違いは、2つあります。


それは

省エネルギーと夏の暑さ冬の寒さです。

今日はこの話ではありません(笑)


中途半端に高気密高断熱になってしまったのが

普通の家なんですが、この普通の家には大きな欠陥があります。

(※日本では法的には結露は欠陥住宅にはなりません。

ただ、諸外国では結露が発生する家は欠陥として扱われている国もあるようです)


それは・・・

結露です。

冬、窓ガラスに水滴がついていますよね。

その水滴が結露と言います。



結露は、放っておくとカビの増殖の原因になります。

湿度が高いと、ダニも発生しやすくなります。

カビやダニは、喘息・アトピー性皮膚炎・鼻アレルギー

などを引き起こします。


住む人の抵抗力が落ちると、カビが肺に入る事が原因で、

肺炎になる事もあります。

カビが出す発ガン物質が原因で、悪性腫瘍ができることもあります。


ある人が寒い地域に住んでいた時の話です。


断熱材の入っていない家に住んで、カビに悩まされた事があります。

マイナス10度の気温に対して、室温は18度。

この温度差が原因で、内壁も畳も結露で濡れて、カビが増えたのです。


そんな家に暮らしていたある日、一番上の子がアレルギー性鼻炎に。

そして翌年にはその人も発症。


「石油ストーブを使わず、エアコンだけ使いなさい。

洗濯物は室内に干したらいけません。

 湿度をしっかり管理して、結露を減らしなさい」

と病院で言われたものの、これが難しい。


冬は洗濯物を外に出したら凍るし、近くにコインランドリーは

ありませんから。


数年後、持ち主に直訴して断熱改修をしたのですが、

床下にも壁にも断熱材がない家を見て、建築業者は

「この家は素人が建てたのか?」

と呆れていたとか。


あなたが今後新築を建てるなら、結露が出るような家を建てたらいけません。


また、結露が欠陥だと思っていないような建築会社に家族の健康を

任せたらいけません。

結露が出るのは普通ではなく欠陥だと考えてください。

もちろん、住まい方が原因で結露が出る場合もあります。

 

換気不足ということもあります。

 

 

結露を防ぐには樹脂サッシや家の高断熱化、換気システム等が

 

有効ですが、これでも完全ではありません。

 

完全に結露を防ぐことは不可能かも知れません。

 

完全にとは窓ガラスに曇りもない水滴の1滴もないという意味です。

 

 

内装仕上げに自然素材を使ったり、暮らし方も重要になります。

 

室内温度を上げすぎると室内の湿度も高くなりますので、そのあたりも

関係してきます。

結露の発生を完全に抑える家づくりはなかなか難しいですが、

 

出来るだけ結露が発生しない家づくりを目指してくださいね。

 

 

 

 

 

ちょっと以下追記。2019、2

佐賀県の温暖地でエコハウスを建てている個人的な考えとして読んでください。

 

オール樹脂サッシで結露はでないかというと室内の湿度温度や

換気不足で全く出ないとは言えません。

アルミ樹脂サッシで結露が出まくるかと言えばこちらも湿度と

換気が上手くできていればひどい結露はありません。


建築地域も大いに関係あります。

さすがに寒冷地ではアルミ樹脂サッシでは厳しいかも知れません。


窓の結露は窓の断熱性能や室内の湿度、換気そして外気と室内の

温度差が関係してきます。


どちらのサッシを使うかは予算の問題や価値観でも違います。


しかし、サッシの窓ガラスや枠に水滴がダラダラと下に流れ

木部にカビが発生し健康的な暮らしができないのでは困ります。


結露の発生も程度の問題で、うっすらと曇るぐらいは許せる

範囲として良いかと思います。


結露を完全に防ぐ、結露ゼロは予算の関係もあるし、難しいかも

分かりませんが結露が雨水のようにダラダラ流れるような家は建て

たらダメですよ。


全国にはダラダラ結露で困っている人や悩んでいる人が多くいます。

特にアルミ樹脂やグラスウール断熱材を使う場合は結露や冬寒い、

夏暑いという事を意識して丁寧な施工が求められます。

 

私もアルミ樹脂の複合サッシとグラスウール断熱材の場合は

計画的な丁寧な施工をしてもらうように指導しています。

逆にオール樹脂や現場発泡の断熱材の場合は断熱、気密、換気に

関しては安心しています。

 

特にグラスウール断熱は温暖地の大工さんは施工が雑

(全ての大工さんではないと思いますが・・)な感じが

していますので現場管理が重要になってきます。


大工さんは断熱の勉強などしていない人が多いので仕方ないの

でしょうか?


大工さんは大工技術のプロですが、断熱、気密、換気に関しては

素人に近いと割り切った方が良いのではと思っています。

なので現場管理者の知識や技術力、指導力が大事になりますし、

できるだけ快適に健康に暮らせるようにベストを尽くすだけです。

エコハウスをつくるならここだけはきちんとした家を建てないといけない。

そう思います。


アルミ樹脂サッシやグラスウール断熱材はコストが高くなく建材費が

安いというメリットがあります。

この大きなメリットを活かすも殺すも工務店や現場の管理者、大工さん

次第です。

アルミ樹脂サッシとグラスウール断熱材の組み合わせの時は、

心して断熱気密工事を行うことが必要です。


建築サポートでは今年より、断熱施工現場検討会を現場で行うように

しています。

大工さんやその他の業者さんを集め断熱施工をどのようにしたら一番いいのかを

勉強してもらいます。


建築サポートのエコハウスを建てる時は大工さん、業者さんもちゃんと勉強

してもらいます(笑)


それができない大工や業者はこの現場から去れ!

 

実際に現時点で新築後の暮らしの中で結露ダラダラで快適な生活ができない。

 

そういう人が多くいる。

 

その事実を認め、建築業者は一層の結露問題解決のための努力をしなければならないと

いうことです。

 

これからの家づくりは会社の利益を出すことに重きを置くのではなくそこに暮す生活者の

ことを一番に考えた家づくりをすることが一番大事です。

 

ハウスメーカー・工務店・設計事務所の家づくりとは全く違う第4の家づくり

家づくりを失敗・後悔したくない人は以下のサイトから情報収集!

家づくりの基本がわかった時にあなたの家づくりは成功します。

https://jyuutaku-sienn.net/lp/lp01/index.html

https://jyuutaku-sienn.net/lp/lp02/index.html

https://jyuutaku-sienn.net/lp/lp03/index.html

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net