建築サポートは今の家づくりの価格や進め方の常識を大きく変えます

これからの家づくりはこうでなくてはならない!

同じ家が1000万円安く手に入れる方法があるとしたら?

失敗しない家づくり塾(基本編)全6回・無料 (1lejend.com)

家をつくる時代から買う時代に!

安くても良い家を2割安く提供できるようになった!

自分が欲しい家を予算内で安く実現したいなら、ムダな費用をチェック!

 

建築サポートの代表をしている高井です。

 

建築サポートの業歴は結構長いです。

現場の大工から始まり個人の小さな工務店それから法人の建築会社。

そして設計事務所、今は家づくりのサポートを全国対応で行っています。

設計施工を建築会社で請け負う時のメリットやデメリットも経験してきました。

 

確かに設計施工で工事を請け負うと建築会社としては利益の最大化ができます。

しかし、800万円、1000万円の利益を得ても責任はそれの何十倍も会社といっても結局は私一人にかかります。

800万円や1000万円の利益は会社の施工費や営業の人件費その他の売るための広告費や見学会の費用などですぐになくなります。

 

(今の建築サポートの家づくりのサポート費はほとんどがメールサポートですので無料または高くても30万円くらいです。

それくらいコストをかけなくても良い家はできるんです。)

 

もちろん大手ハウスメーカーのような大企業は多くの家づくりを請け負うことで多くの人を雇い、顧問弁護士も雇い、いろいろな責任やリスク管理をしています。

 

ただ、小さな建築会社や工務店はそのようなお金がかかるリスク管理もできないし受注数にも限界があり、利益も少ないために責任とリスクだけが大きな家づくりになります。

このように小さな建築会社や工務店が人生で一番高い買い物である家づくりを設計施工で請け負うことは私が人生の一生の仕事として一番やりたいことではなかったし、とてもできないということが今になってはっきりとわかったのです。

設計施工を請け負うのではなくお施主さんの家づくりをサポートする。

家づくりで困っている悩んでいる人のためのサポート。

お施主さんの要望を聞き、予算が少なくても多くても施主さんにとっての理想の家づくりをする。

こちらが私には合っているようです。

 

設計施工を請け負う会社になると利益を出さないといけない、しかしお施主さんの希望も叶えたい。

このようなことで悩み実際、利益が取れない、責任だけが残る家づくり。

このような家づくりを続けていると当たり前ですが、会社は倒産。

お施主さんはじめ、大工や建材店にも多大な迷惑をかけることになります。

 

誰のなんのための家づくりか?

このような葛藤がありました。

 

そのような建築経験の中、46年の家づくりの中でのメリットは多くの断熱、耐震、デザイン、省エネの技術や知識、知恵、多くの建築士や建築家、工事や設計の専門家とも知り合い人脈もできました。

 

そして今の家づくりや家を見てみると価格だけが高い家。

工事費が安すぎて大工や職人がきちんとした施工ができない家。

高額な建築費を払ってもこの程度の性能や素材、デザインの家。

 

こんな状況の今の家づくりを何とか変えたい。

もっと安くてもよい家を建てる方法はないのか?

もっと今より施主様が楽しく快適に暮らせる家はないのか?

もっと今より現場の大工や専門業者が楽しく施工できる現場はないのか?

もっと今より施主も施工業者も設計者も納得できる金額での家づくりはないのか?

 

家の価格や工事費や建築費が高いという問題を取り上げる場合は価格や建築費の情報をオープンにする必要があります。

 

これらの家づくりで一番大事なことは何でしょうか?

それは、家づくりはビジネスという考えを捨てることです。

施主がお客様、建築業者は営利企業という今の家づくりをもう一度最初から考え直すことです。

 

施主は家づくりの発注者で建築業者は施主の想いの理想の家を適切な予算や施工費用で実現する。

施主と建築業者が同じ目的をもって施主と業者と同じ目線で家づくりのプロジェクトを達成する。

そのような考えで建築サポートの家づくりサポートシステムを作りました。

 

 

私たち建築サポートとその仲間たちは家を販売する建築業者やハウスメーカーではありません。

建築サポートは設計や施工は請け負いません。

あくまで家づくりのサポートをする建築事務所です。

不思議に思われるかも信用できないかもしれませんが、設計や施工を請け負わないから安くてもよい家が実現します。

 

施工業者、建築会社の最大限の利益を追求するとか、安い家を高く売るのが商売だとか、良い家が高いのは当たり前だとか、安い家はそれなりだとか、予算が少ないからこの程度の家とか。

このような今までの家づくりの常識を完全否定します。

 

建築サポート安くてもよい家をコンセプトに施主と供に家づくりにかかわる施工業者や設計者と今までの家づくりの常識を壊します。

施主も施工業者も設計者もそして建築サポートも誰もがよくなる家づくりや家を目指し続けます。

 

今も全国各地で施主と建築業者や設計者とのトラブル。

見積が高い、希望通りになっていない、契約後に予算が足らなくなった、希望の設計図になっていない、希望の材料と違う材料が使ってある、完成引き渡し後に結露や断熱不足の問題がでてきた。

これらを完全になくすことは無理ですが、建築サポートの46年の家づくりの経験や技術、知識や知恵、人脈が多くの施主さんや建築施工業者さんの役に立つことを願っています。

 

施主と業者や設計者がお互いに気軽に楽しく会話をして安くてもよい家を実現する。

そんな夢のような理想的な家づくりができるのが建築サポートの家づくりです。

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。