いい家は良い企画、計画、設計が基本になります。

家はまだまだ手作り。

そんな感じですね。

https://saga-ecohouse.jp/

 

家づくりを43年以上やってきて最近、思うのですが、やはりいい家を作るにはいい企画、計画と良い設計が必要だと思ってきました。

工務店や建築会社をやっていた時は設計何て絵に描いた餅だと思っていました。

絵に描いた餅なので実際には食べられません。

 

設計もそれと同じで単に白い紙に線を引いているだけで実際には建てられない。

そんな感覚の設計図も多かったし、あまり今みたいに重要視していませんでした。

しかし良く考えてみると企画計画設計は家づくりの基本ですし、これが無いと見積すらできません。

 

壁床天井の合板やビニールクロスを使うのも設計次第ですし、塗壁、無垢の木を使うのも設計次第です。

また、いくらの予算で建てるかということも最初の企画段階で決めておかないとそれこそ絵に描いた餅設計になってしまいます。

 

私は技術者であり、設計にはあまり重きを置いていなかったのですが、今後は企画計画設計にも特に力を入れていきたいと思っています。

ちょうどそんな時に企画設計を協力してくれる専門家が「単に住むための家ではなく施主さんのためになる設計、家づくりを一緒にやりましょう」

と手を上げてくれたので一緒に取り組むようにしました。

デザイン設計の建築士さんです。

 

早速、家族4人くらいの人向けに23坪から33坪位の家の企画設計に取り組んでいます。

技術系の私と住まいの企画計画設計の専門家とタッグを組めば、本当のいい家が出来ると思います。

期待していてくださいね。

 

今までは壁床天井の材料の違いで価格が違っていましたが、これからは何をテーマにどんな企画計画を入れた設計になっているかで価格が違ってくる時代になります。

楽しみですね。

 

設計は本当に重要な仕事です。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。