佐賀で注文住宅を検討している方へ!家を建てる際の諸経費について

詳しくはクリック

あなたが欲しい家!予算内でつくります!

「注文住宅を検討している」
「家を建てる際にかかる諸費用について詳しく知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は佐賀で建築サポートを行う当事務所が、家を建てる際に必要な諸費用や付帯工事費について詳しく説明します。

 

□家を建てる際に必要な諸費用について

注文住宅を建てる際には、工事にかかる費用以外にも、必要な諸費用がたくさんあります。
注文住宅を検討している方は、諸費用を含めて資金面のプランニングをしていかなければ、コストオーバーの原因になる可能性があるので注意してください。

必要な諸費用としては、土地を買う際の仲介手数料や建物の登記費用が挙げられます。
家を建てるために業者を通して土地を買う際には、その業者に支払う手数料がかかります。
さらに、土地の所有者になった後は、固定資産税などの税金の支払い義務が発生することも覚えておきましょう。

その他に必要な諸費用としては、印紙税や設計監理料があります。
印紙税とは、不動産を売買する契約を結ぶ際に必要な税金です。
設計管理料とは、業者に工事を依頼してから住宅の設計をしてもらったり、施工の確認をしたりする際に必要な費用です。

新しく家を建てるにあたって地鎮祭を計画している方は、その費用も諸費用として加算されます。
この他にも工事以外でかかる費用はたくさん存在するので、プランニングをする際には諸費用をしっかりと考えるようにしましょう。

 

□付帯工事費について

住宅を建てる工事にかかる費用の他に必要な費用には、諸費用だけではなく付帯工事費も含まれます。
付帯工事費の1つとしては、住宅の解体工事費用が挙げられます。

これは、現在住んでいる住宅の土地に、新しく家を建てることを検討している方が支払いに該当します。
現在住んでいる家を取り壊す際にも、工事費用はかかります。

他には、業者が土地の調査を行った際に、地盤に何らかの問題が発見されれば、地盤の補強をする基礎補強工事が必要になります。
外観の見栄えを良くしたり、防犯対策をしたりする際に利用されるエクステリア工事をする際の費用も、付帯工事費として加算されます。

注文住宅を検討している方は、本工事にかかる費用以外にもこのような工事費用や税金にかかる費用をしっかりと理解してから工事を始めるようにしましょう。

 

□まとめ

今回は家を建てる際に必要な諸費用や付帯工事費について詳しく説明しました。
この記事で紹介したことを参考にして、コストオーバーの原因をあらかじめ予防できるようにしてください。


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。