新築一戸建てを建てる時の子供部屋

家を建てる際に悩む方が多い部屋の一つが、子供部屋です。

 

大人のライフスタイルは、年月が経過してもそれほど大きく

 

変化しないのに比べ、子供は成長するごとに部屋に必要な

 

要素がどんどん変わっていきます。

 

 

若いファミリーの場合、子供が増えるかもしれないという

 

要素もあるため、間取りや部屋の数、広さなどが悩みの種に

 

なりやすいようです。

 

今回は、そんな子供部屋を考える際に参考にしていただきたい

 

アイデアをいくつかご紹介しようと思います。

 

 

・テレビと教育

 

 例えば「とりあえずすべての部屋にテレビを」という方も

 

いらっしゃいますが、子供部屋にテレビを設置した方が良い

 

のかは賛否両論が存在します。

 

 

「テレビを見る時間を家族で過ごしたい」

 

「子供部屋にテレビを置いて積極的に知識を吸収でき

 

るようにしたい」

 

など、テレビは使い方によって様々な役割を担います。

 

 

テレビ中毒のようになってしまう事を恐れて、ただテレビ

 

をお子様から遠ざけたいという方もいらっしゃるようですが、

 

1日に見る時間を制限するなどの制限を設けるなど、

 

使い方を工夫することによってテレビと

 

上手に付き合うこともできます。

 

 

 

お子様をどのように教育し、どのように部屋で過ごしてほしいか

 

を考えることが大切です。

 

・変化に対応できるようにする

 

 

子供部屋として、個室の中で一番大きな部屋を用意することで、

 

お子様が小さいうちは家族みんなの寝室にしたり、兄弟が

 

いる場合も一緒に広々遊ぶ部屋にしたりできます。

 

 

さらに入り口を複数個設置することで、成長に応じて徐々に独立

 

していくお子様に合わせて、可動式の収納などで少しずつ

 

部屋を仕切っていくということもできるようになります。

 

 

・ロフトは格好の遊び場

 

ロフトは部屋が狭い場合に空間を有効活用できるため、

 

収納スペースとしても人気なプランですが、小さなお子様に

 

とって、ロフトは収納スペースというよりは格好の遊び場に

 

なります。

 

 

そこで遊び心あふれたロフトが人気になってきています。

 

例えば2つの子供部屋がロフト部分で繋がっていたり、

 

あるいはロフト部分からリビングに出られたり、様々な遊びを

 

盛り込むことができます。

 

 

お子様が小さいうちはのびのびと遊ぶことができ、

 

最終的にはお子様が成長するに従って増える物の

 

収納場所としても活用できます。

 

 

 

いかがでしたか?

 

家を設計することは、ただ住む箱を考えることではなく、

 

将来の家族をイメージするきっかけにもなります。

 

 

お子様が健やかにのびのび成長できるような家づくりを

 

心掛けたいものですよね。

 

 

ご自身の教育方針やお子様ご要望に応えることができるのが

 

注文住宅です。

 

 

いい家を安く建てる方法を見つけよう。

«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。