家づくり・リフォームの不満を書き出す

不満の伝え方

 

なんのこっちゃ(笑)

 

 

新築やリフォームを行うということは、やはり、

 

今の家では不満があるということです。

 

 

しかし、何故?それが不満なのか?

 

ここをきちんと伝えることが大切です。

 

リフォームの経験の浅い人ほど、

 

「何が不満なのか?」

 

「何故?不満なのか」

 

を伝えず、

 

「こうして欲しい」という要望をダイレクトに伝えてしまいがちです。

 

 

それは、新築の場合も同じです。

 

 

おそらく、不満ではなく、要望を伝えた方が、

 

「より早く」

 

「より正確」

 

と思いこんでいるのですね。

 

 

でも・・・、

 

実は、それが、間違いの元なのです。

 

なぜなら、不満と言うのは、住んでいる人だけの特有の感情である・・ということが、

 

少なからずあるのです。

 

 

あなたのライフスタイルを、いくらプロとは言え、すべてを把握はしていません。

 

もちろん、キッチンの動線とか、そういったプロだからこそ知っていることは、どんどんプランに

 

反映できますが、

 

 

たとえば、

 

「夕食後、家族はテレビを見て笑っているのに、私だけが後片付けを一人でしているのは、

 

すごく寂しくて腹が立つ」

 

とか、

 

「毎週土日には、パンづくりをしているので、パンをこねる場所がないのは、すごく不便」

 

とか、

 

こういった細かな感情や理由は、いくらプロでも、わかるはずもないのです。

 

 

ですから、

 

まずは、今の不満をそのまま、メモ書きで良いので、全部書き出してみましょう。

 

 

ポイントは、

 

「何が?不満なのか?」だけで終わらせず、

 

「何故?不満なのか?」まで、書き出すことです。

 

 

なぜ?理由まで書くのか?と言うと、

 

理由があって、はじめて、不満というのは成り立っているからです。

 

この理由が明確であればあるだけ、

 

新築やリフォームでは、たくさんのアイディアが生まれことになるのです。

 

 

たとえば、

 

「キッチンが狭い」という不満も

 

理由はいくつかあるはずです。

 

コーヒーメーカーや炊飯器などの置く場所が足りないのか?

 

 

それとも、

 

子供と一緒にお菓子づくりをするためのスペースが足りないのか?

 

同じ「キッチンが狭い」という不満でも、

 

理由が異なれば、行うリフォームも異なります。

 

 

家電製品を置く場所が足りないのなら、一か所にまとめる棚が必要かもしれませんし、

 

 

子供と一緒にお菓子作りを楽しむためには、大きなテーブルが必要かもしれません。

 

 

単純に、キッチンが狭いなら、面積を広げさえすれば、それでよし・・

 

というわけではありませんよね?

 

 

ということで、

 

何故?

 

不満なのか?

 

理由が必要なわけ、ご理解いただけました?

 

 

新築やリフォームをするには理由が必ず

 

あるはずです。

 

それをまずは箇条書きにして明確にすること。

 

それがはっきりすれば、新築やリフォームの方向性

 

が分かるのです。


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。