建築サポート常識を変える時が来た!自由に気軽に欲しい家を欲しい価格で建てる

【建築サポートはネットやメールを使い失敗しない後悔しない家づくりを無料アドバイス・サポートしている佐賀県の建築事務所・会社です】

 

建築サポート案内 常識を変える時が来た!自由に気軽に欲しい家を欲しい価格で建てる時が来た。

あなたが欲しい家をあなたの安全安心予算内で建築できるようにアドバイス・サポートするのが建築サポートです。

注文住宅を自由設計で仕様も自由に気軽に建てたい方のための家づくりアドバイスとサポート。

大手ハウスメーカーや建築会社、工務店は工事を請け負う会社。

建築サポートは家づくりをアドバイス、サポートする会社。この違いが家の価格や仕様、品質、素材の大きな違いになります。

建築サポートの家づくりの考え(独り言)

少し長くなるが家づくりを真剣に考えているなら読んでみて欲しい

今まで長い間、大手建築会社の下で仕事をしてきてわかったことがある。

■今までの家づくりは欠陥だらけ!

それは家づくりはビジネスであり施主さんのためにいい家をつくろうとか、予算内で建てようとか、建築業者側は少しも考えていない。考えていることは如何に利益を出すか、いかにして高い価格の家を売るのか、いかに自社を成長させるか、こういうことである。

 

例えば大手建築会社の経費や利益が1000万円だとしよう。本当に個人の住宅を建てるのにそんな多額の経費利益が必要だろうか?家づくりは宇宙にロケットを飛ばすことでもなくノーベル賞を受賞するような誰にもだきないような技術開発、研究でもなく、普通の職人が行う普通の仕事なのだ。

 

このままでは真面目にコツコツと家づくりをしている大工や左官の現場の職人の質も落ちるし、施主さん自身が高い価格の家を買い、35年という長い住宅ローンに苦しめられる。せっかく手に入れたマイホームが自分や家族の人生も狂わせてしまう。

だから家づくりのアドバイスやサポートが本当は必要なのだ。

 

■大手ハウスメーカーや有名建築会社、工務店との相談の不満

大手ハウスメーカーや地元有名工務店に家づくりを相談しても、「そんな予算じゃうちではムリですよ」「この予算ではあなたの要望の家は建たないよ」

「あなたの予算にふさわしい家を建てましょう」「自然素材の高断熱の家はこれくらいかかります」こんな返事ばかり。これには施主もうんざりなのだ。

もっと、親身に相談に乗ってくれる建築業者はないのか?

諦めて予算にふさわしいローコストな家を建てる?無理して住宅ローンを増やす?冗談じゃない!そんな家づくりができるか!

 

そうならないためにはいい家を安く建てるしかない。施主が欲しい家を施主の安心安全な予算内で安くしかも適正価格で建てる。

これしかない。創業から40年、法人設立から15年、今までの経験や技術、知識や人脈を使いあなたの希望以上の家づくりを実現する。

今までの常識的な家づくりを全部否定することから成功の家づくりは始まる。

 

■住宅相談後の契約までの流れ。

1・資金計画を立てる。

2・設計事務所で設計図を作る。

3・業者に見積もり依頼する。

4・面談後工事契約をする。

この家づくりの手順を守ることでいい家が安く可能になる。欲しい家が欲しい予算内で可能になる。契約後の追加工事などなくなる。

建築施工会社を先に決めないことだ。

 

■価格を比べてみたらよくわかる

大手ハウスメーカーの経費利益は価格の40%~45%だといわれる。

地元有名工務店の経費利益は価格の30%~35%といわれる。

そして家づくりでの建築業者の適正な経費利益は25%だといわれる。

建築サポートは家づくりの経費利益は価格の20%と考える。

この経費利益の違いが価格の違い。大手ハウスメーカーと同じような家が500万円以上安くなる根拠はここにある。

本当かどうかは見積もりを比べてみることだ。

 

■建築サポートの家づくりの予算は多くても少なくてもどっちでもいい。

お施主さんが欲しい家をお施主さんの予算の中でどれだけ実現できるか。予算内でどれだけ期待以上の家づくりができるのか?

ムダな費用をどれだけ省き希望の家ができるのか?ここだけだ。

 

 

■ムダな費用を全部省く。

ムダな費用をかけないというのはムダな作業をしないこと。頼まれてもいないのに営業する。迷惑な接客する。お客さんの家へ訪問する。

これは全て人件費となりコストだ。このコストが施主の家づくりの見積もりに上乗せされる。それも500万円以上のムダなコストが・・

これでは今の家の価格が高くなるのは当たり前のこと。こんな家づくりは誰のための家づくりなのか?施主も現場で働く職人も建材屋も誰も喜ばない。

 

■家づくりはビジネスではない

家づくりがビジネスになった結果が今の価格が常識外に高い家づくりだ。もうそろそろ施主のための家づくりをするときが来た。もうそろそろ現場の職人がきちんとした報酬をいただく時が来た。

それが今だ。建築サポートが私がそんな家づくりをリードする。何も心配することはない。安心してついてきて欲しい。

 

■建築サポートの一番は何だ!

そして、建築サポートや私の家づくりサポートの良さの一番はいい家ができる。価格が他社よりドーンと安い。これではない。

建築サポートや私の家づくりサポートの良さは施主さんが理想の家づくりができるように一緒にいろいろなことを考えアドバイス、サポートすることだ。

家づくりの最終ゴールは単に家を建てることではなく、その家で施主や家族が幸せに暮らせること。これ以外にないのだから。

本来、家づくりは楽しいものです。気軽に自由に家づくりを楽しみましょう。

 

☆彡いい家を予算内で、欲しい家を欲しい価格で建てたい、自由設計の注文住宅を建てたい施主さんのための日本で一番の建築サポートだけの家づくりサポート。  

 建築サポート 代表建築士 高井弘一郎

家づくりの資金計画はコチラhttps://www.wood-eco-style.com/news/51470/

建築サポートはどんな会社?何をしてくれるの?

分かりやすく言えば、

施主さんが欲しい家を希望の予算、価格で手に入れる方法を考え、実践する建築事務所です。

会社名   有限会社 建築サポート(建築業歴45年)

住所       〒849-1401 佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

代表者   高井 弘一郎(2級建築士・元建築大工)

事業内容 新築住宅の企画設計サポート・実践アドバイス

TEL       0954-66-5732 (受付時間は8:30~17:00)

FAX       0954-66-5734(24時間受け付け)

MAIL    info@kenchiku-support.jp(24時間受け付け)

営業時間 8:30~17:00

定休日   土曜・日曜・祝日(住宅相談は要予約)

年間サポート引き受け可能棟数 80棟~100棟  全国対応可能

創業:昭和55年  建築大工として家づくりを始める。

許可・資格       

・宅地建物取引業者 (2)2413号

・建設業許可 佐賀県知事(般27)‐9155号

・建築士 事務所登録 佐賀県知事(第ろ)1626号

・2級建築士 3555号

・佐賀県子育て応援の店事業登録店

 

  • いい家を安く建てたい。自分の予算内で高性能、高品質の家を建てたい。

自分が好きな家や素材を使いたい。間取りは使い勝手のいい間取りにしたい。

 

そのような方々が建築サポートへ相談に来られています。

 

ご不明な点がありましたらお気軽にお電話ください。TEL0954-66-5732

建築サポートが選ばれる理由

建築サポートの新しい家づくりが多くの人に喜ばれています。

建築サポートの家づくりが選ばれる3つの理由!

1・透明性が高い安心安全な家づくりが可能

2・資金計画通りで予算オーバーしない

3・ムダを省き適正価格で安くいい家が可能

  • 建築費の透明化、材料の良し悪し、メリットデメリットを全て公開した家づくりを行い、
  • 予算オーバーしないために総予算から必要な費用を減じていく予算配分方式を採用し、
  • 広告宣伝費や営業経費多すぎる会社運営経費等のムダな費用を徹底的に省き
  • その分を住宅の品質アップ、グレードアップに使用します。
  • 欲しい家が欲しい価格で手に入ります。

 

 

施主様も現場で働く労働者も工務店も建築サポートも家づくりに係る誰もが損をしない家づくりです。

しかし、一番の良さは「自分が欲しい家を自分の予算内で建てられる」ことです。

 

 ()建築サポート 代表 高井弘一郎

 

建築サポート業務内容

 

Ⅰ・家づくりのサポート(注文住宅)

1・家づくりの情報提供

2・資金計画書作成

3・工事見積書作成

4・設計事務所、工務店、建材店の紹介(全国)

5・設計事務所、工務店、建材店探しのアドバイス(全国)

 

 

Ⅱ・住宅の企画開発(企画型住宅)

1・平面図、立面図その他の必要図面の作成

2・仕様書の作成

3・断熱性能、耐震性能等の住宅性能計算

4・建築材料及び設備機器の選定

5・工事見積書の作成 

 

 

建築サポートの家づくりに興味がある方、関心がある方は

ドンドン問合せください。

 

お問い合わせ・注文住宅の家づくり相談

 

 

 

 

※業務内容は諸事情で変更する場合もあります。

20192月現在

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net