早く言うとこの3つで注文住宅の家づくりは上手く行く!

いつもサイトの記事を読んでいただきありがとうございます。

家づくりのお役に立っているでしょうか?

結論を言うと、家づくりはこの3つでうまくいきます。

資金計画(見積)設計そして業者選び。

この3つのことを失敗しなければ家づくりは成功しますす。

 

1・資金計画・工事見積もり

2・詳細設計、仕様書

3・工務店、施工業者選び

 

普通はこの3つを施主さんが自分で考えるわけです。

自分で情報を集め自分で判断する。

 

家づくりは多くのこと、専門的なこといろいろなこと知らないことも知っていることもたくさん考えて自分自身で決断していかないといけません。

素人判断で家づくりを進めてしまう。

これが家づくりの難しい所です。

 

ハウスメーカーや建築会社は本当のことは言いませんし、自社にとって不利なことや受注の妨げになることは言いません。

ま~施主さんはそのあたりを本当は知りたいし知らなければならないのですが。

 

そこで、建築サポートではこのような情報サイトでいろいろなことを発信しています。

そこからご依頼があったらサポートしています。

家づくりは100人の人がいれば100通りの家づくりがあります。

欲しい家も予算も違うわけですから個別にサポートしないと、うまくいかないわけです。

 

 

ハウスメーカーや建築会社のように、自社の家をたくさんの人に売っていくというスタイルならカンタンで速いのです。

 

 しかし、

本当の家づくりはそういうものではなく、一人の施主さんの希望や要望をよく聞いてこの施主さんにはこのような家をいくらで作るとか、この施主さんには自然素材の家をこの予算内でつくるとか。

 

 

この人にはデザイン住宅がベストだからこちらのような設計をして、設計とこのキッチンにお金を掛けようとか。

本来の家づくりとはハウスメーカーや建築会社が企画した同じ家を多くの人に売るスタイルとは完全に違うのです。

ハウスメーカーや建築会社は家づくりで完全な敵ではないですが、完全な味方でもないです。

 

もちろん家づくりの建築業者は自分自身の価値観で選ぶというのもOKです。

ハウスメーカーや普通の建築会社が安心という人はその価値観で大丈夫です。

しかし、建築サポートのような家づくりがしたい人は建築サポートでやればいい。

それだけのことです。

 

そして、不思議なことに建築サポートはハウスメーカーや他の建築業者とは全く違う考え方の家づくりです。

あなたの完全な味方で相談にのり家づくりをすることができます。

 

本当か嘘か?

あなたご自身の目でお確かめください。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net