注文住宅を建てるための住宅ローン

これまで賃貸住宅で生活を送ってきた方でも、後に持ち家を購入

 

される方も大勢存在しています。

 

 

ある程度の収入があり、同時にまとまった貯蓄を持っている場合は、

 

買い時と考えることも多いものです。住宅は戸建て住宅とマンション

 

に分けることができますが、どちらのタイプでも高額で販売されてい

 

ることが一般的です。

 

 

安くても2,000万円以上もの価格になる物件が多く、決して安い買い物

 

ではないので一生に一度の買い物になるケースが目立ちます。

 

 

住宅ローンを組んで購入される方が圧倒的に多いものですが、

 

住宅ローンには選び方というものがあるので、事前に把握をしておく

 

必要性もあります。

 

 

 

銀行を利用する場合も非常に多く、このタイプの住宅ローンは

 

変動金利を採用しています。

 

 

変動金利はその名称通りにその時の金利によって上下するものです。

 

 

例えば0.4%で利用した場合でも、数年後には0.6%に上昇してしまう

 

可能性もありますが、その逆も想定することができます。

 

 

短期間での住宅ローンの支払いの場合では情勢を感じながら利用する

 

ことが出る方法になり、人によってはお得感を感じる場合もあります。

 

固定金利を利用する方法もあり、5年間や10年間といったローンを利用

 

することもできます。

 

 

 

35年間の固定金利も非常に有名で、初回に利用した金利のままで返済を

 

行える安定感を感じられます。

 

 

固定金利は比較的安定はしていますが、一般的には高めの金利設定にな

 

るので、長いスパンで考えた場合、時には不利になる可能性も否定でき

 

ません。

 

 

どのような住宅ローンを選べば良いのかを判断するには、景気の動向や

 

利用者の将来性など数々のチェック項目があります。

 

間違いがなく損をしない住宅ローンを組むには専門家のアドバイスを受

 

けることも基本です。

 

 

世間一般で利用されている住宅ローンの多くは、後に組み替えを利用できる

 

条件も用意されているので、常に低金利で提供している金融機関をチェック

 

することも大切なことです。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net