• 家づくりや家についての価値観は人によって違います。

    家づくりや家についての価値観は人によって違います。 「なぜ、家が必要なのか」 「どんな家にしたいか」 「どんな風に住みたいか」 家族でも、思いは違います。   あなた、建物に合わせて住みたいですか? それとも、

  • 4月のおすすめ間取り

    4月のおすすめ間取り 玄関から直接キッチンへ行ける魔法の扉。 スーパーで買い物したものを、 扉を開けたらすぐにおけるので便利。 重たい荷物も苦になりません。  

  • 予算が260万円足らない。あなたならどうなさいますか?

      先日、佐賀市のFさんと2回目の家づくりの打ち合わせを事務所で   行いました。   私が出した見積もりが2654万円!(坪単価53万円税抜き)   Fさんの予算はいろいろ全部含

  • 「住宅資金」「老後の資金」「教育資金」

    私は「資金計画」の大切さについて、頻繁にお話しています。 「住宅資金」「老後の資金」「教育資金」 どれも大きな金額が必要です。   その他にも、車のローンや車検といった、定期的に必要な出費もあります。 お金を賢

  • 自分名義の住まいを持ちませんか?

    自分名義の住まいを持ちませんか? 現在、アパートにお住まいで自分名義の住まいを持ちたいという人向けに 戸建住宅を提供します。 【外観パース】  以下の条件に合うご家族に最適な住まいです。   ●2DKのアパート

  • 大工と建築士の家づくりにプロデュースサポートが必要な理由

    大工と建築士の家づくりにプロデュースサポートが必要な理由ということですが 大工と建築士がいれば家は出来ると思いませんか? もちろん家はできます。 できますがそれが予算内で良い家になるか?建て主が希望する家が できるかはま

  • 家づくりは適正な価格・工事費で請け負わなければならない

    建て主は可能な限り安い価格で可能な限り品質の高い家を 手に入れたいと思い、競争見積もりや複数の建築会社に 見積もりを取ったりして、価格を安く建てようと努力しておられると思います。 しかし、それが度を越してしまうと建て主も

  • 大工さんとの家づくりは賠償責任はどうなっているんでしょうか?

    建築サポートでは大工と建築士を中心にした家づくりが 建て主さんにとって一番ベストな方法 だと思い積極的にその家づくりで家づくりを行っています。   似たような家づくり体制で設計事務所が中心になって取り組んでいる

  • 家づくりも時代と共に変わっていってもいいのではありませんか・・・

    今は時代が目まぐるしく変わってきています。 ネットやパソコンの環境も新しい技術や商品が次々と出てきます。 車や電化製品などもそうですね。 住宅もスマートハウスや省エネ技術など一昔前には考えられない 良い家が提案できるよう

  • 土地選びの注意点

    土地は大変高額な買い物ですし、基本的には購入した土地に住み続けるわけですから、絶対に失敗したくありませんよね。ですがほとんどの方は土地を購入するのははじめてですから、不安になってしまうのも無理はありません。そんな方は以下

  • 建築会社は高く売りたい。建て主は安く建てたい。このミゾを埋める方法は?

    家づくりはほとんどの方にとって一生で1回だけの大事業です。 その家づくりにおいて、失敗や後悔をする人が後を絶ちません。家づくりは、住宅ローンや家づくりの依頼先、間取り、性能、材料選び、デザイン、細かく言えば天井の高さ、断

  • 夏涼しく冬暖かい高断熱そして自然素材を使った家って高いんじゃないの?

    夏涼しく冬暖かい高断熱そして自然素材を使った家って高いんじゃないの? 時々聞かれます。 普通の家より安くはないですが、手の届かない価格ではありません。 例えば子育て企画住宅なら、30坪くらいの大きさの家で1500万円以内

  • 3月おすすめ間取り・キッチン周りに大容量の収納完備

  • 施工面積と延べ床面積の違いで坪単価が変わる?注文住宅の家づくりの疑問?

    さて今日の話は、延床面積と施工面積の話です。 新聞に折り込まれてくる住宅関係のチラシを見ていると、 『延床面積』といった言葉を目にすることがあります。 似たような言葉に『施工面積』というものもあるのですが、 この違いご存

  • 自然素材の床材は隙間がでる

    先日ある方と打ち合わせしている時に聞いた話です。自然素材を使って、健康住宅を作っている佐賀県でも有名な会社なんですが、そこのモデルルームを見学したときに、営業マンから「自然素材だから隙間や反りが出るのは仕方がない」といわ

  • 家づくりの要望を我慢する必要はありません。ただし・・

    注文住宅で家づくりをするときは、いろいろな要望や希望が出てくると思います。 あれもしたい、これもしたいとご家族でアイデアがたくさん出ることでしょう。 そのような要望や希望を家づくりの計画段階や打ち合わせ段階では 全部出し

  • 今までの家づくりを変えていきたい

    今までの家づくりは? 不満なら家づくりを変えてみること。   施主様と業者という1対1の関係で進めていくのが今までの家づくりですが、これには「業者が利益を優先するため本当に施主様の立場に立った家づくりができない

  • 理想の家を適正価格で建てていただきたいから

    大手ハウスメーカーの家づくりが半値八掛けといわれるように、施主様が出した建築費のうち多くのお金が“家づくり以外”に使われています。     2,000万円の価格の家だとすると1,000万円で下請けに出

  • 夏涼しく冬暖かい住まいのヒミツは素材にあり

          「夏は涼しく冬は暖かいですよ」「自然素材の健康住宅ですよ」「価格も安いですよ」 といった不動産広告をよく見かけます。 しかし、これらのほとんどは“嘘”だと言えます。断熱材を少し厚

  • 依頼先選びを失敗すると家づくりも失敗する

    これから家づくりをはじめようとされる皆さんにこういった話をするのもあれですが、 事実としてお伝えしておきたいと思います。 それは、マイホームというのは人生で一番高い買い物であり、選択を誤ってしまえば 大変な事態に陥りかね

  • 家の価格の透明性を高める理由とは

    こんにちは。 花粉の季節ですが、あなたは大丈夫ですか?このような季節になると、やはり性能の良い家を作らないとダメだなと思います。なぜって、窓開けれないですよね。花粉症の人は・・ 実を言うと私も花粉症に悩まされています。

  • 家づくりのメルマガを毎日書いています

    私はメルマガを毎日発行しています。 毎日書いているとネタが本当になくなります。   1年365日ほぼ毎日ですからそれはしょうがないですね。   これを1週間に1回とか月3回とかにすれば、  

  • 2014年住宅・坪単価表

  • 相見積もりで何がわかるのか?

    今日は、相見積についてです。家づくりの本には必ず2~3社から見積を取って比べてみましょう。また、適正な工事費なのかを判断する為にも複数の会社から取りましょう。相見積もりを取る場合は同じ仕様と同じ図面で取るのが鉄則です。

  • 家づくり・リフォームの不満を書き出す

    不満の伝え方   なんのこっちゃ(笑)     新築やリフォームを行うということは、やはり、   今の家では不満があるということです。     しかし、何故?そ

  • 相見積もり・競争見積もりを希望されてもお受けできません。と言っていました。

    今日は、相見積についてです。 家づくりの本には必ず2~3社から見積を取って 比べてみましょう。 また、適正な工事費なのかを判断する為にも 複数の会社から取りましょう。 なんて書いてあるのですが、この相見積は私の会社では

  • 照明器具を長持ちさせる方法

    今日は天気が良くて日中は暖かくなりそうです。しかし、夜は少し冷えそうです。体調を崩さないようにしてくださいね。今回は、照明器具の話しです。年末の大掃除が済んでしまうと、あまり気にとめない照明器具ですが、家と同じでちょっと

  • アパートにお住まいの方へ。自然素材の家に住んでみませんか?(PR)

    アパートにお住まいの方。 こんな家に住んでみませんか? 問い合わせはメールでもOKです。 毎月の返済額:48000円。 アパートの家賃と比べてどうでしょうか?

  • 「夏涼しく冬暖かい家」これが理想とする家づくり

    「夏涼しく冬暖かい家」これが理想とする家づくりと思います。夏涼しく冬暖かい家を作るには、断熱性能を高めなければなりません。断熱性能が高い断熱材や樹脂のペアガラスを使っても、家の中の至るところの小さい隙間から外気が自由に出

  • 施工請負・業務請負・設計請負の3社で新しい家づくり

    一般的な工務店や建築会社は工事請負ということで 設計も材料仕入れも施工もその他家づくりに関する一連の業務も 全てひっくるめて工事請負として契約します。   しかし建築サポートでは、一括請負での家づくりは、価格が

  • 家づくりはあやふやな不明点をなくせばトラブルにならない

    家づくりのカギはどのような材料を使いその材料はいくらなのかという価格と仕様の透明性にあります。家は姿形がない段階で依頼先を決め契約しなければなりません。例えば、目で見て確認することができる車などの商品なら、この商品が本体

  • 単に建築費が安いのが適正価格なわけない

    今日は家づくりにおいて一番大事な建築費のことを考えてみます。 家づくりをするときには見積書というのを建築会社から出してもらうのですが 初めて見積もりを見る方にとってこの見積もりが高いのか安いのかさえ 分からないと思います

  • ハウスメーカーVS地域の工務店、あなたはどちらを選びますか?

    注文住宅の家づくりを建築業者や工務店の立場ではなく、施主の立場でアドバイスサポートができればもっと安くいい家ができる。 設計費や材料費、施工費に十分なお金を掛ければ自然素材、高断熱、デザイン住宅を今よりもっともっと安く建

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net