これからの家づくりは夏の暑さ対策冬の寒さ対策も

これから家づくりを計画される方は夏の暑さ対策も考えてください。

 

夏対策というか夏冬快適な断熱住宅をつくるという事ですね。

 

 

 

ところで、快適に暮すためには、断熱材を隙間なく入れることが

 

大事なんですが、

 

もちろんこの断熱材だけを隙間なく入れてもこれだけでは、不十分です。

 

 

なぜなら、夏と冬とは全く外の環境が違ってくるからです。

 

断熱材をきちんと入れペアガラスの樹脂サッシを使えば、

 

冬はある程度暖かくなります。

 

人も熱を出しますし、照明器具や調理器具からも熱はでます。

 

そして少しの暖房器具で家の中は暖かくなります。

 

 

ただ、今の家は密閉した空間になりますので、換気計画は十分に

 

考えなければいけません。

 

換気計画が悪いと窓に結露が付くようになります。

 

 

問題は夏の暑さをどうやって防ぐかです。

 

特に最近、猛暑が毎年続いていますので

 

暑さ対策も重要になってきます。

 

 

夏涼しくすごすには、射熱対策(太陽熱を室内に入れない)

 

が必要になります。

 

 

 

冬の寒さ対策のために断熱材がきちんと入っていますので、

 

もし暑い空気が窓ガラスなどから家の中に入った場合部屋が暑くなります。

 

熱が外に逃げにくいためです。

 

 

夏は、外の太陽熱をできるだけ家の中に入れない対策が必要なのです。

 

サッシに使う射熱ガラスは太陽熱の侵入を防ぐガラスとして

 

使えばある程度効果があります。

 

 

 

このように暑い地域では、冬の寒さと同時に夏の暑さ対策

 

という相反する性能を有する家を作らなければならないのです。

 

北海道などの有名な高気密高断熱をそのまま作っても

 

暑い地域では夏が大変です。

 

 

 

 

もう一つ大事な事があります。

 

壁や屋根も太陽熱を直に受けています。

 

この壁や屋根が熱せられ、室内の壁面などに近づくと

 

壁からの輻射熱(壁や屋根が暖まって出る熱)で暑く感じます。

 

 

 

この輻射熱を防ぐ事で夏涼しくすることができるようになります。

 

屋根の下や外壁部に貼る射熱シートも有効な夏対策です。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net