注文住宅を建てるなら住み心地を考える

これからの家は少ないエネルギーで家中暖かい、涼しいという家を

 

作っていく必要があります。

 

理想は無暖房、無冷房です。

 

しかし、現状ではなかなか難しい面もあります。

 

 

小さな家の場合はできますが、家が大きくなり断熱的に複雑な形状の

 

場合、現実的にはやはり何かしらの冷暖房機器を導入する必要が

 

あります。

 

 

全館空調冷暖房や床暖房を考える前に考えることがあります。

 

 

外皮の断熱化を考えないといけません。

 

外皮とは建物の外回りの断熱化です。

 

 

 

いくら室内が全館空調や床暖房で快適な室温になっても

 

窓や壁、屋根から熱の出入りが多くては少ないエネルギーで

 

快適に暮らすことはできません。

 

 

 

まずは、窓の断熱性能を上げ出来る限り断熱材を厚くする。

 

これが基本です。

 

 

断熱性能で言うところのヒート20というのが

 

一番いい断熱性能ですが、この断熱性能があると

 

寝る前に20℃ある室温が暖房を切っても翌朝

 

15℃までしか下がらないという結果が出ています。

 

もちろん、暖房を切らなければそのままの温度ですが。

 

そして冷暖房を何にするかです。

 

 

 

現在の主流としては容量の小さなエアコンが殆どです。

 

全館空調冷暖房は昔はメーカーもたくさんありましたが、

 

今は撤退してあまりありません。

 

なぜ撤退しているかは明白で、需要が無いからです。

 

今は建物自体の高断熱化をすれば小さなエアコンで

 

十分という事から、全館空調冷暖房は姿を消しつつあります。

 

 

 

個人的にも小さなエアコンを数台で冷暖房というのが

 

一番効率が良く家中を冷暖房することに対しては確実です。

 

 

ただ、エアコンの冷気や暖気が直接体に当たることに対して

 

不快と思う人は、エアコンの取り付け位置を考慮する必要があります。

 

小屋裏に付けるエアコンや床下に付けるエアコンはこれら体に直接当たる

 

不快さを解決した冷暖房方式だと言えます。

 

 

 

後は、家の形状がH型になっているので、玄関や廊下あたりが

 

快適な室温になりにくいので、玄関や廊下までエアコンをつけるか?

 

見た目上の問題になります。

 

 

 

 

エアコンも全館空調冷暖房も床暖房も目的は同じです。

 

室内を快適な温度にするためのものです。

 

 

全館空調冷暖房の省エネ性やメンテナンスが発生する割合、

 

確実に冷暖房ができるのであれば、見た目上や24時間稼働し続ける

 

設備なので、費用が許せば検討の価値はあります。

 

 

エアコンのようにスイッチを切ったり入れたりする必要がありません。

 

ただ、エアコンの場合も寒い期間、暑い期間、本当はスイッチは切らない方が

 

省エネで家中が快適でいいのです。

 

 

床暖房に関しては冬しか使えない、床暖房だけで家中を暖めるには

 

設定温度を高くしなくてはならないのでちょっと無理がある。

 

身体に直接触れる暖房なので低温やけどなどに注意が必要。

 

あくまで補助的な暖房だと考える必要があります。

 

ドイツや欧州など住宅先進国では床暖房は必要が無いという事です。

 

ただ、床暖房の目的が家中の暖房設備としてではなく

 

足の裏や座った時の心地よい暖かさを求めての上ならそれはそれで

 

良いかと思います。

 

 

私も寒い朝、ホットカーペットに座ると気持ちいいですから。

 

ただ、暖房設備と考えたら床暖房はデメリットも多い暖房です。

 

費用対効果、機械モノですから故障したり壊れたりした時が

 

大変。

 

 

 

いろいろ書きましたが、私の考えは建物の断熱性能を可能な限り上げて

 

不必要な窓はできるだけ小さくして、冷暖房機器は可能な複雑な工事をしないで

 

作りも仕組みもシンプルでメンテナンスや交換も簡単で費用も安く済む冷暖房効果が

 

高いものを使う。

 

 

後、デザインをカッコよく複雑な形状にすれば家中の冷暖房はやりにくくなります。

 

想像してみてください。

 

四角い総2階の吹抜けが有る一つの空間がある家と

 

四角い空間が複数あちらこちらにあるデザイン的に優れている家と

 

どちらが、冷暖房効率はいいのか。

 

どちらが少ないエネルギーで冷暖房できるか。

 

 

家の断熱性能を上げれば上げるほど、全館空調冷暖房のメリットは少なくなり

 

小さなエアコンだけで十分夏は涼しく冬は暖かい快適な家になりますが、

 

これも家の形状に大きく影響されます。

 

 

通常の凸凹が少ない外形でしたら、家の断熱性能を可能な限り高めましょう。

 

そうすれば、複雑な冷暖房システムや高価な空調設備機器を使わなくても

 

よくなります。

 

費用やメンテナンスなどシンプルがベストです。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net