新築の失敗は収納?

新築の失敗はいろいろありますが、第1位は常に「収納」です。

 

でも、おかしいですね?

 

 

だからこそ建てる人も工務店も収納には人一倍、気を使っているはずです。

 

にもかかわらず第1位に「収納」が来るということは何が原因なのでしょうか?

 

 

そういえば思い当たる節があります。

 

夢の新築がだんだん形になっていく時に、どうしても予算の問題が出てきます。

 

その時、真っ先に削られるのが、この「収納」の部分なのです。

 

 

これはマイホームを造る時、いったい何を優先し、どう順位をつけるのか?

 

ということにも通じています。

 

確かに家を建てる前は「収納なんて構造にかかわる問題でもないし、さして

 

重要でもないだろう。

 

 

 

 

それに暮らしだしてからの工夫次第で、きっとなんとでもなるだろう」と思って

 

しまう気持ちは分かります。

 

 

しかし、実はここが落とし穴だったのです。

 

なぜなら収納は、暮らしだしてからしかその重要性が分からないと言っても過言で

 

はないからです。

 

 

その上、収納は、

 

1.毎日の暮らしの中で四六時中、関わってくる

 

2.自分で工夫をするといっても限度がある

 

 

ということで、なぜ?家を建てている時に、もうちょっと考えな

 

かったのだろう?と後悔してまう・・というわけです。

 

そうならないためには、収納計画は設計段階から万全にしておくこと。

 

 

これがポイントです!

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。