家づくりの相談窓口

家づくりの無料相談のご案内です。

ご希望の方は以下のフォームよりお申し込みください。

家づくりはどのような家をいくらで建てるのかを決めることからスタートします。

失敗しない、後悔しない家づくりの基本は契約前に設計図面と正確な見積もりをつくることです。

 

建築サポートの家づくり建築システムは設計図、仕様書、見積書、資金計画書にご納得いただいて

からの工事契約、工事着工になる、家づくりの仕組み、方法で一部の他社さんのように契約後に

追加費用が多く発生した、見積額が変わった、希望するキッチンや断熱材、サッシ、床材を無断で

変更された、要望が反映されていない間取りなどと違い安心、安全に家づくりが進められる家づくり

建築の方法です。

(建築サポートでは家づくりの企画、計画、設計、施工のアドバイス・サポートをしております)

 

 

優良工事施工業者の紹介もご希望があれば行っています。

 

住宅相談申込み電話番号0954-66-5732

 

※迷惑な売込み、営業等は一切ありません。

 

ご希望にチェックをいれてください

 

お施主様は全て決まってからの契約を望んでいて、建築業者さんはできるだけ早く契約を

いただきたいと思っています。

それぞれの立場になって考えるとそれは良くわかります。

御施主さんは金額や家の仕様など決まらないと本当は契約したくないのです。契約後に

追加費用を請求されたり、

設備機器を予算に合う安いのに変更されたりするのでは?

このような漠然とした不安や心配があるんですね。

 

しかし、建築業者さんは打合せを重ね、時間も費用も掛けて

全て決まった後に見積を比較され他社で契約されると大きな痛手です。

時間と費用をたくさん掛けたお施主さんとの契約ができないことを避けるために早く

仮契約等でもいいから自社と契約するようにしたいわけです。

(他社に行かないようにしたいということです)

 

これは、施主さんと建築業者さんとの立場の違いから起ります。

施主さんと建築業者は買い手と売り手ですからこれは仕方ないですね。

 

これを解決したのが建築サポートの家づくりのシステムです。

 

建築サポートの建築システム。

1・設計図、仕様書を設計事務所で完璧に作る。

2・その設計図で建築サポートが見積を完璧に作る。

3・信頼できる建築業者、工務店に工事を依頼する。

 

この建築サポートの家づくり、建築システムなら、御施主さんのどのような家が最終的

にいくらで建つのか?

という不安や心配がなく、工務店も時間と費用を掛けたのに契約できないかも?

という心配をしないで工事に専念できます。

 

御施主さんと建築業者がお互いに家づくりのパートナーとして家づくりで同じ目的を持って

家づくりができる、新しい家づくり、建築サポート独自の建築システムです。

 

 

 

 

業者選びのヒント

 

以前、

「住宅展示場に行きたいけれど売り込まれるのはイヤ」

 

という場合の防衛策を紹介しました。

 

それは、アンケート用紙に『新築予定は5年以上先』と書くことでしたね。

 

 

じつは、それを見た瞬間、賢い営業マンは

 

「このお客さんは、まだ迷っているんだな」

 

とピンと来ます。

 

 

 

「●●さんは、条件さえ整えばすぐにでも新築したいはず。しかし、

 

まだ決断できる段階までは達していないのだろう」

 

というふうに察するんです。

 

 

そのように察することができる営業マンは、売り込んでほしくないと思って

 

いるあなたに営業をしません。

 

 

そんなことをすると、信頼を得られないとわかっているからです。

 

もしあなたに連絡をするとしても、

 

「プロの知識や経験が必要になりましたら、アドバイザーとしてお役に

 

立てるのでご連絡ください」

 

という程度に抑えます。

 

 

一方、あなたの気持を察することができない営業マンは、自分の事情を優先し

 

てあなたにアプローチしようとします。

 

 

 

しかし、あなたはすでに、

 

「売り込んでほしくない」

 

と、相手に意思表示をしていますよね。

 

 

 

住宅展示場は見たものの、その業者を信頼したわけでもなく、まだ、その

 

家づくりに共感したわけでもありません。

 

そんな段階のあなたに売り込むことは、展示場でほのかに芽生えたかも

 

しれない信頼感すら摘み取ってしまうことになります。

 

 

 

相手の気持ちや状況を察し、相手が望む行動をとることは、営業マンにとって

 

大切な能力です。

 

じつは、この能力は教育で身につけることができます。

 

社員教育が徹底している業者の場合、あなたは必要のない売り込みをされるなど、

 

不快な思いをすることがありません。

 

 

 

あなたが住宅展示場に来た本当の理由は何なのか、どんなことに不安を感じているのか、

 

新築予定はまだ先だとする理由は何なのか、業者はきっと知りたがっています。

 

 

売り込まれることをやみくもに怖がるのではなく、そこで会話を重ねながら

 

相手を見極めてみてください。

 

 

 

それもまた、業者選びに役立つ作業ですから。

 

それに、そのスタッフとの会話を通して経営者の考えを察することもできます。

 

口下手とか知識が少ないとか、そんなことを気にする必要はありません。

 

 

 

もう一度会う価値がある業者かどうか、あなたに対する言動を、じっくり

 

観察してみましょう。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net