LIXIL住宅研究所が行った調査。妻の3割が夫に不満を… 

妻の3割が夫に不満を…     

 

  ■家事の主導権は、主に妻

 

 

  夫婦の家事分担は、各家庭によって大きく異なります。

 

  ほとんどの家庭では、炊事は妻が主導権を握っています。

 

 

  仕事で在宅時間が短い夫には

 

  「せめて、掃除の一部分でいいから担当してほしい」

 

  と願う妻が多いようです。

 

 

  ところで、妻が夫に期待する家事を調べたところ、

 

  ・ゴミ出し

 

  ・トイレやお風呂の掃除

 

  ・エアコンのフィルター掃除

 

  ・電球交換

 

  ・網戸・窓掃除

 

  ・雨どい掃除

 

  という声を多く見かけました。

 

 

  あなたの家庭での役割分担はいかがですか?

 

 

 

  ■住宅ローンの主導権は、主に夫

 

 

  住宅ローンを利用する場合、契約者は、

 

  ・夫のみ

 

  ・夫と妻

 

  ・妻のみ

 

  の3パターンがあります。

 

 

  その中で、最も多いのは『夫のみ』です。

 

 

 

  ■主導権がある人に決定権を

 

 

  

  予算内で理想の住まいづくりを全て叶えることは、

 

  とても難しい作業です。

 

  どうしても、取捨選択を迫られる場面が出てきます。

 

  そんな時、夫婦で十分に話し合わず、

 

  自分の意見を押し通してしまうと、

 

  家の完成をきっかけに夫婦仲が悪くなることがあります。

 

 

  それを避けるには、主導権を握る人に決定権を譲ることです。

 

  例えば、家事の主導権を妻が握るなら、

 

  キッチン設備やデザインの決定権は妻に。

 

  夫が電球交換やエアコンのフィルター掃除をするのなら、

 

  掃除しやすい設備や長寿命の照明選びなどの決定権は夫に。

 

 

  夫が住宅ローンの契約者になるのなら、

 

  金融機関を数社に絞るまでは夫婦で。

 

  最終決定は夫が担当する、といった具合に。

 

 

  もちろん、どの場合においても

 

  最終決定まで夫婦でじっくり話し合うことが大前提です。

 

  そして、最終決定の後は

 

  「あの時、ああしておけば良かった」

 

  とお互いに文句を言わないこと。

 

 

  LIXIL住宅研究所が先月行った調査によると、

 

  夫に対して不満を持った妻は約3割。

 

  「もっと相談に乗ってほしかった」

 

  「予算も考えず理想ばかり語る」

 

  「相談ではなく、自分の意見ばかり押し付ける」

 

  「自分で決めないで、後から文句を言ってきた」

 

  と、その奥様方はモヤモヤしているようです。

 

 

  より幸せに暮らすための家づくりです。

 

  お互いに不満が残らないよう気を付けたいですね。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。