いい家は高い?安い家はそれなり?

良い家は高いのでは?

 

自然素材の家は高いのでは?

 

安い家はそれなりの家では?

 

安い家は耐久性や断熱性能が悪いのでは?

 

 

あなたもこのような考えをお持ちではないでしょうか?

 

一般的な買い物をする時には安い、高いという金額を目安に

 

払う金額以上の価値があるモノを買います。

 

払う価値のない買い物は普通しません。

 

 

高い商品金額=価値のあるモノという認識があるかと思います。

 

 

家づくりで考えてみると、

 

高い家はそれなりの価値があります。

 

安い家はそれなりの品質で作られています。

 

 

しかし、あるモノを省けば、

 

高い家=価値のある家が安くなります。

 

そのあるモノとはもうご存知だと思いますが建築業者の利益経費です。

 

これを効率よく減らせば安くてもいい家、価値のある家となります。

 

 

たとえば、家の建築費が3000万円のハウスメーカーでは1200万円、

 

割りと大きい建築会社では900万円という大金がしっかり建築費の

 

中に含まれています。

 

すごい金額だと思いませんか?

 

 

こんな無駄金を払うのはもったいないです。

 

新築後の家の価値が銀行などの評価でガクンと下がるのは建築会社の

 

利益経費分が差し引かれるからです。

 

3000万円で建てた家の価値は1200万円引かれて1800万円の価値と評価

 

されるのです。

 

このような理由から新築後まもなく売りに出しても借金だけが残るのです。

 

 

 

ですから、新築後も価値の高い家にするには建築会社のムダな利益経費を

 

出来るだけ少なくし材料費や設計費、工事費に使わないと価値の高い家に

 

はなりません。

 

 

今の家づくりは私から見ると間違いだらけです。

 

費用の掛け方が間違っています。

 

 

 

建築会社の利益経費に多くのお金を払うのではなくあなた自身の家のために

 

限られたお金を使うのが正しい家づくりです。

 

 

 

 

考えても見てください。

 

 

500万円や800万円ものお金を建築会社のムダ金に払わず、材料費や設計費、

 

工事費に充てればどれだけ良い家になると思いますか。

 

 

貴重なお金を有効にあなたの家づくりに確実に使うことが良い家を安く建てる

 

方法です。

 

 

 

もちろん多くの人が間違った家づくりを選択するのはあなたが悪いのではあり

 

ません。

 

 

建築業界そのものが良い家を安く建てたいという風になっていないところに

 

問題があります。

 

 

それなりの材料を使いクレームが無いようにビーニールクロスや合板フロアーの

 

化学建材を使い高い価格で販売し利益を最大化する。

 

そういう建築業界自体の悪の体質が今の家づくりです。

 

 

 

それでも有名ブランドに魅力があるという人は仕方ないです。

 

 

ブランド料1200万円をポーンと気前よくハウスメーカーに払ってください。

 

 

私には考えられない家づくりの思考です。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net