佐賀の注文住宅をサポート

(有)建築サポート 代表高井弘一郎 プロフィール

私は30年間大工として現場で働き、その後8年間建築会社(工務店)を経営し家づくりを請け負ってきました。
現場経験は長く、現場のことは把握していますが、会社経営と現場での家づくりとは相反するところがあります。

約8年間、経営者の立場から施主様の住まいづくりをサポートしてきましたが、やはり経営者となると、会社の利益を優先させなければなりません。

 

それはそれで、会社経営をする以上当然のことでもありました。口では「施主様の立場で施主様の利益を第一に考えた住まいづくりを」と言っているのですが、「建築会社の経営者の立場で本当に施主様の立場に立ったサポートができるのか?」という疑問が出てきたのです。

 

たとえば、「この施主様にはこの材料やこの工法、この金額で家を建てるのが最適だ」と思っているのに、会社の利益を考えたら「この工法で、この材料をすすめれば利益が多くなる」なんて考えることもあるのです。
施主様のご満足のためにサポートするのが私の会社の役割なのに、これでは普通の建築会社や工務店、ハウスメーカーとなんら変わりはありませんでした。

 

確かに建築会社や工務店を経営したほうが利益率は高いですし、やり方によっては儲かります。
何千万円というのが当たり前な家づくりは、個人が買う商品としてはこの世で一番高いものですから、方法を誤らなければ儲からないわけがないのです。有名大手ハウスメーカーが上場を維持でき、そして黒字決算を続けているのが何よりの証拠でしょう。

 

ですが、綺麗ごとに聞こえるかもしれませんが、儲けることは私の生きがいではないのです。
儲かっても楽しくないのです。確かに若いころは金儲けをしたいなどと思っていました。

 

しかし、この年(59歳)になると、お金より生きがいややりがい、楽しんで仕事をして、自分の経験や技術が人の役に立つことのほうが嬉しいんです。

 

そして、このような仕事は、純粋にサポートする立場でないとできないのです。建築会社や工務店を経営しながらでは無理があるのです。

 

このような考えから建築請負工事会社をやめ、施主様の立場に立って住まいづくりを純粋にサポートする建築の専門家として家づくりをサポートすることにしました。

現在は、施主様の要望を元に、プロデューサーのような立場で建築家や工務店をコーディネートし、進捗管理・設計監理・予算管理・工事監理・アフターメンテナンスなど、全般にわたって家づくりをアドバイスサポートしています。

 

施主様には絶対に失敗してほしくないし、後悔はさせたくない。
この想いを胸に、住まいづくりをサポートさせていただいています。

建築サポート 代表 高井弘一郎

 

 

職務経歴

昭和48年 大工職人のもとへ住み込み弟子入り
昭和54年 弟子離れ
昭和55年 大工職人として一般工務店を転々として腕を磨く
昭和61年 2級建築士取得
昭和65年 ハウスメーカー、大手建築会社の下請け、手間請けを始める
平成10年 弘友建設開業 建設業許可取得 大手建築会社の協力会社になる
平成16年 下請け、手間請けをやめる
平成17年 組織変更 有限会社建築サポート設立
平成20年 設計事務所 建築サポート設計室開業
平成23年 設計、施工、材料仕入れの分離発注施工体制で家づくりを始める。
平成24年 「いい家を安く建てる」をコンセプトに建築コンサルタントによる家づくりを始める。
平成25年 全国展開 適正見積による家づくりコンサル、メールサポートを始める。

平成26年家づくりの企画・設計・施工の実践的なサポートに特化する。

会社名 

有限会社 建築サポート http://www.kenchiku-support.jp/

住所

〒849-1401
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

代表者

高井弘一郎

事業内容

注文住宅、自然素材の家、企画、設計、施工のサポート 年間サポート棟数約15~20棟

TEL

0954-66-5732(受付時間 8:30~17:00)

FAX

0954-66-5734

営業時間

8:30~17:00

定休日

日曜・祝日 ※打ち合わせは要予約

許可・資格

宅地建物取引業者 (1)2413号
佐賀県知事許可(般17)‐9155号

二級建築士 佐賀県知事許可 3555号
建築設計事務所 佐賀県知事登録 1626号
佐賀県子育て応援の店 事業登録店

営業エリア

佐賀県全域
(嬉野市を中心に佐賀市、武雄市、鹿島市、白石町、大町町、江北町、 多久市など)
※上記以外の地域もご対応できる場合がございます。まずは、お知らせください

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net