注文住宅を建てる時の住宅ローンについて

■政策金利

 

 

  銀行が資金を確保する手段の一つに、

 

  日本銀行から融資を受けるという方法があります。

 

  その際の金利は、政策金利と呼ばれます。

 

  政策金利は、2008年12月から現在まで

 

  ずっと0.1%のまま。

 

 

  銀行は、その政策金利に自社の利益を上乗せして

 

  住宅ローンの金利を決定します。

 

 

 

  ■付加価値に注目

 

 

  現在、銀行の低金利競争は

 

  限界を迎えていると言われています。

 

 

  住宅ローンを提供するには、

 

  広告費、審査費、保証会社への保証料、

 

  通信費や人件費など、様々な経費が必要です。

 

  これ以上金利を下げると、

 

  経費を捻出するのが精いっぱいで

 

  利益どころではなくなります。

 

 

  ということで、最近は

 

  独自の付加価値をアピールする銀行が増えました。

 

 

  例えば、

 

  ・家事代行サービス

 

  ・グループ企業での買い物が毎日5%オフ

 

  ・定期預金の金利優遇

 

  ・提携金融機関のATM手数料無料

 

  ・他行宛ての振込が一定回数無料

 

  といった感じ。

 

 

  繰り上げ返済手数料や事務手数料、

 

  団体信用生命保険の保険料といった

 

  住宅ローンに直接かかわるものだけでなく、

 

  付加価値も比較して、

 

  最も適しているものを選びたいですね。


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。