家づくりの値引きは後々の銭失いの可能性もある

◆値引きは後々の銭失いの可能性もある

 

 

安く良い家を建てることができればよいのですが、家というのは

 

高額になってしまいます。

 

 

最初の計画から案を練っていくうちにどうしても気に入らない

 

箇所が出てきたり、またはもっとこうしたほうが良いのではない

 

かというイメージも湧いてきます。

 

 

そうなるとどうしても予算を超えてしまったりと予定外の出費に

 

なってしまうことも珍しくありません。

 

だからといって長く住むことになる家だからこそ妥協はしたくあり

 

ませんし、手を抜いた仕事をしてほしくはありませんよね。

 

 

 

高額な買い物だからこそできるだけ安く上げたいと思うのは誰しも

 

思うことですが、やみくもに値下げ交渉をしてしまっては最終的に

 

安物買いの銭失いということになりかねません。

 

 

 

家を建てるときは工務店から下請けの工事会社に仕事を依頼します。

 

これは工務店が楽をしようとして下請けにお願いするのではなく、

 

どの工事も専門の業者が担当します。

 

 

これはハウスメーカーも同じで一つの会社ですべての工事を担当する

 

ということはありません。

 

 

工務店は良い家を建てるために信頼できる良い下請けの工事会社に

 

仕事を依頼ます。

 

 

ですが価格を安くしてほしいと値切きを受けてしまうと、注文通りの

 

家を作るために材料費は削れないので、この下請けの工事会社に負担が

 

来てしまうのです。

 

 

いつもお願いしている信頼できる下請け会社に頼んでも安い金額で仕事を

 

していては会社が存続できませんし、技術の維持も難しくなります。

 

 

そこであまり信頼のない下請け会社に回してしまうなんてこともあるのです。

 

その会社が良い仕事をしてくれる可能性もありますが、もちろんその逆の

 

可能性もあります。

 

これが欠陥住宅の原因になったりするのです。

 

 

 

ちょっと得したい、という気持ちが後からとんでもないリスクを背負ってしまう

 

原因となってしまってはもったいないですよね。

 

 

 

長く安全に住むためにもケチって得をすることはありません。

 

たとえ予算が少なくても信頼できる工務店を選びことで良い家を作ることが可能

 

なのです。

 

 

何はともあれ工務店や建築会社選びが重要です。

 

 

ただし、家づくりの基本計画書を作ってから工務店や建築会社を選ばないと

 

失敗しますよ。

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net