原価がいくらで経費利益がいくらというのを施主は本当に知りたいの?

 

img1

 

 

原価公開住宅についていろいろ考えましたが

施主は材料費や人件費そして住宅会社の経費や利益がいくら?

というのを知りたいのでしょうか?

また知ったところで施主にとって何かメリットがあるのでしょうか?

そこを少し考えてみましょうか。

 

施主の立場でみると、原価公開は何だか安心ですよね。

材料費がいくらで人件費がいくらしかも住宅会社の経費や利益まで

公開しているんですから、何となく安心できませんか?

 

そうそれだけのような気がします。

建築費の中身が分かって何となく安心できる。

 

不当に高くなっていないとか、この材料がちゃんと使われているなどと

何となく安心ですね。

でもそれだけ?

 

原価が高くかかるから高い建築費用がかかってもいいというのは

住宅会社だけです。

 

施主は原価が高くかかろうが安かろうが価値のない家に1円でも払いたくないものです。

逆に原価が安くても、施主が価値があると思えば予算内で自分が払える範囲なら

いくらでも払うものです。

 

このように考えると施主にとって原価公開はあまりメリットがなく

住宅会社にとっては、施主から値引き交渉されにくい状況ができるので

メリットが大きいような気がします。

 

原価公開で施主さんが「大工さんの賃金をもっと安くしてよ」

材料屋さんにも「他はもっと安いよ。もっと負けてよ」何て言えますか?

ついでに「住宅会社が適正な経費利益です」と堂々と出している、原価公開の経費利益の金額に

「その経費や利益も必要以上高いからもっと安くしてよ」と施主のあなたは言えますか?

私が施主なら言えません(笑)

一般的な施主さんも普通にいい人なのでそこまで言える人はとても少ないでしょう。

 

原価公開はこのような一面も持っていることをお忘れなく。

 

本来は家の価値によりお金が払われるものではないでしょうか?

原価が高いから価値も高いというのは間違っています。

また、その価値観というのも人それぞれです。

施主一人一人がその価値観に納得し無理しない限度額一杯の

お金を払うべきだと思います。

 

 

ちなみに私が家づくりを施主から依頼され引き受けた場合は

材料費や人件費の原価が高くても安くても関係ありません。

工事面積1坪あたり●●万円という費用を家づくりにかかる経費利益ということでいただいています。

材料費や現場の人件費は施主さんの要望や希望によって色々ですから、

一般の住宅会社みたいにその原価に対して何%の経費利益を足して

ということはやっていません。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net