ローコスト住宅ってどんな住宅?

ローコスト住宅と聞いてどのよう家を思い浮かべますか?

一般的には安い材料を使い安い価格で販売、建築する。

それがローコスト住宅でしょうか?

ま~それもローコスト住宅の一つだと思えなくもないですが

安い材料を使って安く売る、建築するのですからわざわざローコストと言わなくても

それだけの価値の家ですよね。

 

私が思うローコスト住宅とは、いい材料を使い、住宅の性能も高い。

それでもって販売価格や建築費は安い。

安くできるのが材料や住宅性能の品質を下げてのことならそれはそれなりの家です。

 

ローコストでもなんでもありません。

高い材料や品質のいい材料、住宅性能も高いけど、無駄なコスト家づくりには必要ないコストを

省き、作業効率を上げて、余分なコストがかかっていないのがローコスト住宅と

いうのではありませんか?

 

材料や品質を下げて安い価格で売るのは、それなりの家です。

高品質な家を安い価格で売るのがローコスト住宅です。

間違わないようにしたいものです(笑)

建築会社が大きくなればなる程、広告宣伝費や営業マンなどの人件費が多くかかるからな~

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net