ローコスト住宅ってどんな住宅?

ローコスト住宅と聞いてどのよう家を思い浮かべますか?

一般的には安い材料を使い安い価格で販売、建築する。

それがローコスト住宅でしょうか?

ま~それもローコスト住宅の一つだと思えなくもないですが

安い材料を使って安く売る、建築するのですからわざわざローコストと言わなくても

それだけの価値の家ですよね。

 

私が思うローコスト住宅とは、いい材料を使い、住宅の性能も高い。

それでもって販売価格や建築費は安い。

安くできるのが材料や住宅性能の品質を下げてのことならそれはそれなりの家です。

 

ローコストでもなんでもありません。

高い材料や品質のいい材料、住宅性能も高いけど、無駄なコスト家づくりには必要ないコストを

省き、作業効率を上げて、余分なコストがかかっていないのがローコスト住宅と

いうのではありませんか?

 

材料や品質を下げて安い価格で売るのは、それなりの家です。

高品質な家を安い価格で売るのがローコスト住宅です。

間違わないようにしたいものです(笑)

建築会社が大きくなればなる程、広告宣伝費や営業マンなどの人件費が多くかかるからな~

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。