外張り断熱と充填断熱どちらがいいの?答えは・・どちらでもいい!

外断熱と内断熱の議論は「いい家が欲しい」という書籍で

いろいろ議論されてきましたが、結局のところあまり関係ありません。

断熱材が外だろうが内だろうがあまり関係ないということです。

重要はのは、隙間なく断熱材が入っているか?入っていないか?

です。

施工の問題です。

内断熱の場合はグラスウールなどの繊維系断熱材は筋交いや電気の線

などがありなかなか隙間なくというのは難しいので、外断熱が優れている

というわけです。柱の外に断熱材を貼る方が隙間が出来にくいというのは

あります。ただ内断熱だから隙間ができるということではなく、大工さんの

上手下手の問題です。内断熱にする場合はアイシネンなど現場発泡にすれば

隙間なく施工ができます。

 

あとはサッシを断熱強化することです。壁や天井より窓からの熱損失が大きので

断熱材だけをきちんと施工しても窓がスカスカの窓なら意味がありません。

 

快適な家を作るのは意外と簡単です。

断熱材を隙間なく入れて、窓ガラスやサッシ枠を断熱強化する。

木製サッシや樹脂、遮熱ガラス、アルゴンガス入りなど検討してください。

 

あとは冷暖房の計画ですね。断熱材やサッシだけで快適に暮らすことはできません。

エアコンや薪ストーブなどの熱源は必ず必要です。

 

全体のバランスを考えて家づくりの計画はしなければなりません。

外断熱がいいとか内断熱がいいとかは、建築会社や工務店が他社との差別化をする

目的で使っているにすぎません。

 

予算と好みで選んでも問題ありません。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net