いい家を安く建てる方法はいくらでもある

家づくりは予算との戦いです。

 

無制限に予算があるなら、どんなにいいでしょう。

 

でもそのようなことは実際にはありません。

 

 

限られた予算の中で、精一杯のことをするしかないのです。

 

いい家を出来るだけ安く。

 

誰しも思うことです。

 

 

材料を共同仕入れで安く買い、

 

施工する大工や左官の手間賃を日当を下げずに

 

総額を下げるには工程管理が大事。

 

それを実現するには、何をすればいいのか?

 

家づくりはお金儲けのためにやっているわけではないですが、

 

ある程度の報酬も必要。

 

 

完成引き渡したらそれで終わり、と

 

することができれば、アフターメンテナンス費用もいらない。

 

その他も経費も必要ない。

 

 

安く建てる方法は考えればいくらでもあります。

 

もしいい家を安く建てたいなら、私がいくらでも考えましょう。

 

後は施主さんが決めればいいことです。

 

 

これから家づくりをする人は、まず、いくらの予算で

 

どのような家を建てたいのか、暮らしたいのかを明確に

 

しましょう。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net