これからの家は健康、断熱、省エネ、を基本に家づくりをしてください

私が企画、設計している家は自然素材を使った健康住宅です。

 

その特徴の一つ。

 

夏涼しく冬暖かい家について。

 

 

今までの普通の家は局所暖房ですよね。

 

採暖とも言います。

 

部屋ごとの暖房で家中を暖めるなんて、そんなムダなことを

 

なんて考えて、エアコンやファンヒーターで小さい面積を暖める

 

ことを常識的にしていました。

 

 

しかし、この暖房方式では、家の中に暖かいところと

 

寒いところが出来てしまいます。

 

 

家中をエアコンやファンヒーターで暖めることなんて不可能ですからね。

 

ヒートショックって聞いたことありませんか?

 

ヒートショックとは部屋間の温度差で血管が収縮して、血圧が上がったり下がったりして

 

心臓に負担がかかり、最悪、亡くなったりします。

 

 

例えば暖房の効いたリビングから脱衣所にいき、服を脱ぐ。

 

そして、熱い湯船につかる。

 

 

急激な温度変化にさらされることで血圧が急上昇、

 

急降下する 「ヒートショック」が心配されています。

 

特に寒さが厳しくなる冬場に「ヒートショック」が

 

起こりやすくなり、入浴中に亡くなる人が増加しています。

 

 

浴室、トイレその他、ヒートショックで亡くなる人の数は

 

交通事故より多い年間1万人を超えているそうです。

 

推定14000人と言われています。

 

このヒートショックを防ぐには温度差をなくせばいいのです。

 

寒暖の差がない健康的に暮らせる家を建てたいものです。

 

 

寒い家を建てたばかりに・・・・なんてことにならないように

 

気を付けてください。

 

 

 しかし断熱性能を高めた冬暖かい家では

 

40坪の家でもエアコンを2台程度設置すれば、家中暖かく

 

過ごすことができます。

 

 

しかし、住宅の断熱性能、気密性能が高くないと暖かくありません。

 

 

断熱性能が低い家は暖房がついている間は、

暖かいのですが、暖房を切ったら急激に寒くなります。

 

 これからの家は健康、断熱、省エネ、を基本に家づくりをしてくださいね。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net