これからの家は健康、断熱、省エネ、を基本に家づくりをしてください

私が企画、設計している家は自然素材を使った健康住宅です。

 

その特徴の一つ。

 

夏涼しく冬暖かい家について。

 

 

今までの普通の家は局所暖房ですよね。

 

採暖とも言います。

 

部屋ごとの暖房で家中を暖めるなんて、そんなムダなことを

 

なんて考えて、エアコンやファンヒーターで小さい面積を暖める

 

ことを常識的にしていました。

 

 

しかし、この暖房方式では、家の中に暖かいところと

 

寒いところが出来てしまいます。

 

 

家中をエアコンやファンヒーターで暖めることなんて不可能ですからね。

 

ヒートショックって聞いたことありませんか?

 

ヒートショックとは部屋間の温度差で血管が収縮して、血圧が上がったり下がったりして

 

心臓に負担がかかり、最悪、亡くなったりします。

 

 

例えば暖房の効いたリビングから脱衣所にいき、服を脱ぐ。

 

そして、熱い湯船につかる。

 

 

急激な温度変化にさらされることで血圧が急上昇、

 

急降下する 「ヒートショック」が心配されています。

 

特に寒さが厳しくなる冬場に「ヒートショック」が

 

起こりやすくなり、入浴中に亡くなる人が増加しています。

 

 

浴室、トイレその他、ヒートショックで亡くなる人の数は

 

交通事故より多い年間1万人を超えているそうです。

 

推定14000人と言われています。

 

このヒートショックを防ぐには温度差をなくせばいいのです。

 

寒暖の差がない健康的に暮らせる家を建てたいものです。

 

 

寒い家を建てたばかりに・・・・なんてことにならないように

 

気を付けてください。

 

 

 しかし断熱性能を高めた冬暖かい家では

 

40坪の家でもエアコンを2台程度設置すれば、家中暖かく

 

過ごすことができます。

 

 

しかし、住宅の断熱性能、気密性能が高くないと暖かくありません。

 

 

断熱性能が低い家は暖房がついている間は、

暖かいのですが、暖房を切ったら急激に寒くなります。

 

 これからの家は健康、断熱、省エネ、を基本に家づくりをしてくださいね。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。