土地を買う時の注意点

今日は、不動産流通の仕組み、建築条件の外し方についての話です。

 

 

土地を色々調べている時、掘り出し物があるんじゃないかって皆思いますよね。

 

でも、掘り出し物は出てきません。

 

なぜか?

 

 

それは、不動産流通の仕組みを考えれば納得できます。

 

ご存知だと思いますが、不動産屋さんは、

 

売り主と買い主の両方から手数料が入ってきます。

 

売買金額の3%+63,000円。

 

例えば、金額が1,000万円の場合、3%で300,000円。

 

それに事務手数料60,000円加えた360,000円が、

 

売り主、買い主、両方から入ってきます。

(速算式)

 

 

では、もし、売り主から直接依頼されているとしたら、

 

他の不動産屋さんに買い主を探してもらわないでしょう。

 

まず、自社の見込み客で買いそうな人のところに、その話持っていきますよね。

 

なぜなら、両者から360,000円入ってくるんですから。

 

情報を公開する前に、自分で買い主を見つけようとするでしょう。

 

だから、表に出てこないんです。

 

特に、人気のある場所ほど売り情報は出てきません。

 

 

逆に、表に出てくる情報は、売りづらい物件です。

 

人気のない場所や、いわくつきの土地など、

 

誰も欲しがらない土地情報が表に出てくるわけです。

 

 

ただ、例外があります。

 

それは、おとりの情報です。

 

すでに買い手が決まっているのに、見込み客を呼び込むために広告を出します。

 

そう言う悪徳不動産屋もいるので、気をつけて下さいね。

 

問い合わせると、

 

「ああ~、すいません、もう決まっちゃったんです」

 

って言われ、

 

「ところでお客さん、どちらでお探しですか?」

 

って、他の物件を売り込んでくるんです。

 

中には、そういう人もいるので気をつけて下さい。

 

まあ、ですから、優良な物件っていうのは無いと思って下さい。

 

 

それでも、お買い得な土地がほしいのであれば、

 

まず、信頼できる不動産屋を決めてください。

 

 

そして、その不動産屋に1週間か2週間に1度、顔を出してください。

 

そうすれば、不動産屋さんの記憶に残ります。

 

 

そうなれば、本気度が伝わり、売り土地情報は1番に教えてくれます。

 

この地区でこのくらいの広さで、予算はこのくらいまででと、

 

条件を提示してれば、そういう案件が出たら1番に知らせてくれます。

 

 

それから、前回安く買う方法を話しましたが、分譲地の売れ残りも狙い目です。

 

何年も売れ残っている土地は、値段交渉が出来ます。

 

 

また、これは難しいんですが、売り急いでいるかどうかを確認することです。

 

そう言う人からは、値切りやすいですね。

 

 

 

あと、よくあるのが建築条件がついている土地。

 

これも、交渉次第です。

 

建築条件は外れないと思っているでしょうが、外すことは可能です。

 

 

それには、

 

「建築条件を外すことは可能ですか?」

 

と、尋ねることです。

 

聞かなければ、外れませんからね(笑)。

 

 

何年も売れ残っている土地は、建築条件は外れ易いです。

 

また、売りにくい区画も同様です。

 

 

それから、奥の手があります。

 

それは、人間関係を利用することです。

 

売り主の知り合いからお願いしてもらうと、案外うまくいきます。

 

その不動産屋さんが、普段お世話になっている人にお願いして、

 

条件を外してもらうんです。

 

意外と人間関係っていうのは影響力あるんですね。

 

そういう方法もあることを覚えていてください。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net