分離発注は高くつく?

設計施工、材料仕入れを別々の会社で行うと

それぞれの会社で経費や利益が必要になり

かえって高くなるのではないですか?

 

という質問が時々あります。

口で言ってもなかなか分かりにくいのでグラフを作りました。

 

分離発注だから安くなるのではなく、材料費や施工費の他の

無駄な経費が安いのです。

建築会社の規模が小さくなれば小さいほど家づくりの

経費は少なくなります。

 

こんなイメージです。

良い家、自然素材を使っても安くできる理由が分かると思います。

 

gurafu


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net