良い家を建てるには良い建築業者とパートナーに

多くの人は、予算の中で最高の家を建てたい、手に入れたい

 

と思っています。

 

しかし実際には、いい家を望んでいいるにも関わらず

 

思い通りの家づくりが出来ていないというのが現状です。

 

それは家づくりがあまりに専門的で選択肢が多いからです。

 

 

業者選びに始まり、土地選び、資金計画、工法、材料、色、デザイン、性能

 

価格の妥当性、各専門工事、施工、・・・・・・・・・・

 

このような内容を一つ一つ考え、どれがいいのかを選択していかなければ

 

なりません。

 

 

しかし、経験がなく専門的な知識も少ない建て主が、自分たち家族にとって

 

正しい判断をして、正しい家づくりができるものでしょうか?

 

 

正しい判断、選択ができない以上、最高にいい家を手に入れることは

 

ほぼ不可能です。

 

では正しい選択、判断をするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

答えは一つ。

 

 

経験豊富な専門家を見つけ家づくりのパートナーに

 

すればいいのです。

 

 

それも業者目線ではなく、建て主目線でアドバイスや

 

サポートをしてくれる人間です。

 

間違っても商売で家づくりをやっている会社や

 

損得勘定ばかりする人間を家づくりのパートナーにしてはいけません。

 

なぜなら?

 

分かりますよね。

 

ハウスメーカーや一般の工務店は、ビジネスで家づくりを

 

しているからです。

 

 

ビジネスでやる以上、建て主さんより、株主や自社の利益を

 

優先させることが常識です。

 

株主や利益を優先させることとはどのような意味をもつのでしょうか?

 

簡単なこと。

 

安い材料や人件費を使って家を建てそれを如何にも

 

高いような印象を与えて高く売ることです。

 

 

良く考えてみましょう。

 

例えば、医師や弁護士が患者やクライアントではなく、病院や事務所の

 

利益を優先させ、患者やクライアントの利益は2の次といったら怖くないですか?

 

私はものすごく怖いです。

 

まずは患者やクライアントのために最善のことをやってもらいたいと思います。

 

 

家づくりもそうではありませんか?

 

建築会社や建築士が建て主さんより会社の利益を優先させ

 

「予算オーバーしたから柱を小さくしろ。断熱材を安いのに変えろ」

 

「会社の利益、経費を取ったらこんだけしか手間賃がないからこれで施工しろ」

 

「今月は決算だが売り上げが足りない、値引きでも何でもして契約を取れ」

 

このようなことが今も分からないところで行われているのです。

 

 

建て主さんに取ったら一生一代の大イベント。

 

 

とんでもないことです。

 

「家づくりの成功のカギはいいパートナーを探せ」

 

です。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net