無駄な費用を掛けない建築業者で注文住宅を建てよう

あなたは、今までにオーダーメイドで買ったものはありますか?

 

車のように、既製品にオプションを付けて個性を追求することはあっても、

 

自分のために一から作ってもらう、ということはあまりないのではと思います。

 

 

確かに私たちには、物事に柔軟に対応できる能力があります。

 

でも、住まいに合わせて暮らすより、家族に合わせた住まいをつくる方が、

 

家にも愛着がわくし、生活をより楽しめるものです。

 

 

「子どもがピアノ好きだから、防音ルームで思い切り弾かせてあげたい」

 

「ペットの足に負担にならないような床材を敷きつめたい」

 

「雨が降っても子どもたちが元気に遊べるよう、土間のような空間が欲しい」

 

 

「子どもの成長に合わせてリフォームしたいから、最初は凝った部屋にせず、資金を残しておきたい」

 

「背が高くて既製品のキッチンに苦労しているので、私に合うキッチンを追求したい」

 

「アレルギー対策のため、素材にこだわった家に住みたい」

 

ちょっと考えただけでも、たくさん出てくるんじゃありませんか?

 

 

ただ、

 

「家づくりにこだわると、それだけ金額が大きくなりそうで不安だ」

 

と思いますよね。

 

 

業者の中には、沢山の広告費を使い、沢山の営業マンを雇うなど、

 

建築に関わらない部分での費用負担が多い業者と、

 

広告費ゼロで、営業マンを置かず、建築に関わらない部分の

 

費用負担が少ない業者がいます。

 

 

 

それらの費用は、一体誰が負担するんでしょう?

 

そう、そこに新築を依頼する方です。

 

ですから、後者のような業者を選んで家を建てたら、

 

余計な負担をすることなく家づくりができます。

 

 

家づくりは、ほとんどの人にとって、一生に一度の経験です。

 

安心感を得るために建売住宅や規格型住宅を選ぶのも一つの方法でしょう。

 

 

でも、これからの生活を楽しみたいなら、あなたにふさわしい注文住宅の方が、

 

より後悔が少ないかも知れませんね。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net