佐賀も暖かいようですが結構冬は寒いです

冬は寒いから嫌いです(笑)

 

冬は寒いです。

 

 

外はしょうがないですが、家の中は

 

朝フトンから出るのもつらいし、

 

(奥さんはもっと早く起きるので大変)

 

夜寝室は5℃になっているし

 

暖房している部屋から出たくないし

 

 

おまけに窓ガラスには結露がびっしりつくし

 

結露でカーテンが汚くなるし、

 

ファンヒーターに寒い中灯油をいれなければならないし、

 

風呂に入るとき寒い洗面所で裸にならなければならないし、

 

寒いトイレでに行かなければならないし、

 

暖房していない部屋は寒いし。

 

このような家に住んでいるんで、

 

私が今度、新しく建てるなら家の中くらい暖かく快適に暮らせる家に

 

住みたいと思いました。

 

 

そういうことで、現在、建てているような

 

「夏涼しく冬暖かい」ということにポイントを置いた家づくりを

 

しています。

 

 

「寒さはへっちゃらよ~」という人には、断熱にお金を掛けるなんて

 

もったいないと思うかも知れませんが、この断熱にお金を掛けるということは

 

寒さ、暑さを防ぐためだけではありません。

 

家の断熱化は湿気対策にも効果があり、湿気を防ぐということは、

 

家の耐久性にも効果があるんですね。

 

 

現在の住まいは高気密になっていますので、ビニールクロスを

 

内装に使ったらだめです。

 

湿気の行き場がなくすぐ結露します。

 

結露は窓だけではなく壁の中もにも起こります。

 

あららまたこの話になってしまいました。

 

この話をしだすと長いのでここまで。

 

 

とにかく、今の家は寒さ対策、暑さ対策をしないと

 

とんでもなく住み心地が悪くなります。

 

住みここちを良くしようと機会に(エアコン)に頼れば

 

多くのお金が光熱費として出て行きます。

 

 

新築して住宅ローンも大変なのに、電気代まで永久に何万も払い続ける

 

ことになります。

 

「ふ~大変だ」

 

 

そこで建築サポートでは、「夏涼しく冬暖かいしかも自然な快適さ」

 

おまけに電気代もゼロ円。

 

このような住いを作ります。

 

これも時代の流れですが・・・

佐賀の場合はQ値 熱損失係数は1.5くらいでいいのか。

 

 

電気代ゼロの家。

 

以前、セキスイハウスなどが作っていますが、本当に電気代ゼロ円なんですかね~

今もつくっていますか?

 

本当だとしても、あんな高額な家では一般的ではありませんし電気代ゼロ円でも

 

家の建設費にその分が乗っていては何にもなりません。

 

本当の意味で電気代ゼロ円にするには、建設費そのものも

 

一般的な家の価格にしなければいけません。

 

 

電気代ゼロ円の家には太陽光が必須で

 

家の暖熱性能や家の大きさも影響してきます。

 

 

 

また、効率のいい暖房計画や冷房計画、熱の廻り方など

 

を考えることも大事です。

 

 

 

 

間もなく断熱性能が悪い家は建築許可が下りなくなります。

 

少なくとも次世代省エネ基準以上の快適空間を作らなければならない

 

というのが義務化になります。

 

これから建てる予定がある方には義務化は朗報です。

 

結露や暑さ寒さで悩むことがなくなりますからね。

 

ただ、私たちプロは、どこまで性能を追求すれば

 

いいのかに悩むことになります。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net