注文住宅だから業者の見積ではなく自分で予算配分をする

見積を建築会社からとった方ならわかると思いますがその価格どうでしたか?

いろいろな要望を伝え、間取りにも注文を付け、さて建築会社から出てきた見積もりを

見ると・・・

やっぱり予算を数百万円もオーバーしている。

こんなことは日常茶飯事です。

そして、いい家はこれくらいかかりますよ。と建築会社の営業マンから言われ

渋々予算を追加してその会社と契約。

めでたしめでたし・・

というわけにはいかないのが家づくりです。

 

 

建築会社の見積もりはあくまで見積であって、それが絶対の金額ではありません。

あなたにはあなたの予算があるわけでして、その予算を増やせないならその予算内で

家づくりをするしかありません。

ここは頭を切り替えて、あなたの予算の金額をまず決めて、それから予算配分をしていくしか

ありません。

 

 

2000万円の予算なら

基礎工事が・・・円

大工工事が・・・円

キッチンが・・・円

断熱材が・・・円

と予算の範囲で配分すれば予算オーバーしないで万事うまくいきます。

注意点はが2つあります。

1つ目・品質を下げずに予算内

2つ目・適正価格で予算内

 

要するにムダな費用を掛けない家づくりが一番です。

業者さんに見積もりを取ると必ず予算オーバーします。

 

だから自分で無理のない予算を考えましょう。

 

施工業者さん選びはそれからです。

 


«   |  

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net