消費税が上がる前が本当に建て時か?

業者のチラシやホームページを見ると、たまに

 

 「消費税が上がる前の今がチャンス」

 

 「低金利の今が買い時」

 

 と、見た人の行動を促そうとする文章を見かけますよね。

 

 

  じつは、私は20年位前に『建て時』だと言われたことがあります。

 

  当時の金利は、今よりずっと高かったのですが、

 

 「若いうちに建てて繰り上げ返済すれば、

 

  お子さんの教育費が増える頃にはローンが終わりますよ。

 

  ご夫婦の年齢を考えると、今が建て時ですよ」

 

  と言われました。

 

 

  でも、人の『建て時』は、それぞれ違います。

 

  お得感につられたばっかりに、損をした人もいるでしょう。

 

 

 

  ■『建て時』でない人って?

 

 

  ・転職して3年以内の人

 

  ・最近入院したり、健康に問題がある人

 

  ・住宅ローン以外のローンを抱えている人

 

  ・頭金を用意できない人

 

  ・共働き家庭での出産などで、しばらく家計に波がある人

 

  などです。

 

 

 

  ■それはなぜ?

 

 

  金融機関は、必要以上のリスクを背負いたくありません。

 

  きちんと返済してもらうために、

 

 「勤務状況や健康に問題がなく、信頼できる人に貸したい」

 

  と思っています。

 

  その一般的な目安が『勤続年数3年以上』です。

 

 

 クレジットカードの保有枚数や借り入れ可能額も問題になるのですが、

 

  融資する立場になって考えると、

 

  なぜ問題視されるのか納得できますね。

 

 

  最近は、頭金ゼロで家を建てられる時代です。

 

  しかし35年後、黒字経営の勤務先で、

 

  あなたが健康に働いている保証なんて、どこにもありません。

 

 

  私の周りにも、完済時の年齢が70歳以上という人はたくさんいます。

 

  彼らの定年は60歳。

 

  年金支給開始は、現状では65歳。

 

  無収入の期間にローン返済をするのは無理なので、

 

  全員が退職金での清算や、繰り上げ返済を考えています。

 

 「家を建てる前に、もっと貯金しておけばよかったな」

 

  という嘆きを聞くたびに、胸が痛くなります。

 

 

  誰だって、金利や税金に余計なお金を使いたくありません。

 

  しかし、そのために長期間無理をするのはつらいものです。

 

 しっかり準備して、自分の建て時を見極めたいものですね。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net