安くても良い家に仕上げるコツは?

いい家は良い企画、計画、設計が基本になります。 |注文住宅の 建築サポート (plan-mitsumori.com

ローコスト住宅からみるコストカットのポイント

ローコスト住宅は、とことん無駄な箇所を取り払うスタイルを追求するので、規格が固定化されています。
ニーズに合わせて部屋の間取りやサイズを設計し、オーダーメイド仕様で家を建てれば、部品を作るのに多くのコストと時間がかかります。

 

しかし、規格が固定化されていれば、予めデザインや部品サイズも決まっているため、時間やコストを節約できるのです。
今回は、コストカットできるデザインのポイントについてご紹介します。

 

1.家の形が立方体
立方体のお家はスタイリッシュでデザイン性がある、と一時期注目を集めましたが、これはコストカットを追求しているとも言える、ローコスト住宅によくある家の形です。

 

複雑な形の住宅に比べ、外壁の面積が最小限に抑えられること、構造が単純で材料費も抑えることができることがコストカットにつながるのです。
家の土地との設置面が正方形や長方形、L字型の住宅ですと、工事を比較的簡単に進めることができます。
さらに、地震にも強くなるといった利点もあります。

 

2.取り付け家具や収納スペースは不用!
取り付け家具とは、職人さんにお願いして、部屋のサイズに合わせて作成・取り付けしてもらう家具のことを指します。

 

オーダーメイドで作る家具と、家具メーカーが販売している既製品の家具とでは、オーダーメイドで作った家具の方が高いですよね。
シンプルな長方形や正方形の間取りであれば、オーダーメイドにする必要もなく、既製品の家具で対応できることがほとんどです。

 

収納スペースは、特殊な工事が必要なため、家を作る費用とは別に資金が必要となります。
収納スペースは壁の中の空洞部分を有効活用してスペースを作るのですが、これを過度に作ってしまうと費用がかさむばかりです。

 

部屋の形態がシンプルな分内装を圧迫する形ではなくなるため、収納棚を置いてもあまり気になることはありません。
また、家の形が正方形や長方形ならば、壁の中に収納スペースを作る場所がないため、収納スペースを作りたくても作ることができません。

 

あらかじめ設置されている階段等があれば、そこに収納スペースを作ることは可能でしょう。
自分の所持品からどのくらいの収納スペースが必要なのかを計算しておくとイメージしやすくなり、収納スペースを作るとしても最小限に抑えられます。

 

3.依頼する業者はどうやって選ぶ?
家を建てると決断した時、大手ハウスメーカーに依頼する方もいらっしゃると思います。
ハウスメーカーで提示されている価格が基本だと思っていらっしゃる方も多いかと思いますが、安易にそうだと決めてしまって大丈夫なのでしょうか。

 

実はそれ以上に安く手に入るパターンはたくさんあります。
地方の工務店に依頼してみるとこういったハウスメーカーに比べ1〜2割程度削減できる可能性があります。

 

地方の工務店は中受け・下請けの業者がたくさんいないため、費用をカットすることができます。

一度ハウスメーカーと地方工務店との価格の比較をしてみてはいかがでしょうか?


今回は、低コストで家を建てるためのポイントについてお話ししました。
家の価格を下げるために、品質を下げることや家の大きさを小さくすることはしたくないですよね。

 

ちょっとした工夫をするだけでも十分費用を抑えることはできます。
3つのローコスト住宅のポイントをご説明しましたが、いかにこだわりのない部分を省くかで費用はだいぶ変わります。
以上のポイントを踏まえ、ローコストのマイホームをゲットしてみてはいかがでしょうか。

 

いい家は良い企画、計画、設計が基本になります。 |注文住宅の 建築サポート (plan-mitsumori.com

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。