費用別で建てられる戸建ての違いとは?注文住宅をお考えの方へ!

「注文住宅の費用ってどのように分けられるのだろう」
「予算によってどんな戸建てになるか知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

この記事では、注文住宅の費用の内訳、また予算によってどのような家になるかについて詳しく解説します。
佐賀にお住まいで注文住宅をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

 

□注文住宅の費用の内訳は?

注文住宅で家をつくりたいとお考え方に質問です。
注文住宅の費用の内訳はどうなっていると思いますか。
意外と知らない方やわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、注文住宅の費用の内訳について詳しく解説します。

注文住宅の費用は大きく3つに分けられます。

 

まず、土地を買うための費用です。
自分の土地がないと家は建てられません。
もうすでに土地は持っているという方であれば、この費用はいりません。

 

次に、住宅を建てるための費用です。
これはハウスメーカーや工務店など建築会社によってバラバラです。
基本的に費用が比較的かからないのは工務店に依頼した場合です。

 

最後に、手続きにかかる費用です。
ここでの手続きは不動産登記のことです。
不動産登記とは、土地や建物の所有者を国の帳簿に記すことをいいます。
この手続きをするときにいくつかの費用が発生します。

 

以上が注文住宅の費用の区分です。
ぜひ覚えておきましょう。

 

□予算別に建てられる戸建てをご紹介!

自分の予算だとどのような戸建てになるのか想像できない方も多いのではないでしょうか。
ここからは予算別にどのような家を建てられるかご紹介します。

1つ目は、1000万円前後の場合です。
これくらいの予算だと、あまりコストをかけられません。
よって必要最低限のものでできた家になります。

 

2つ目は、2000万円前後の場合です。
これくらいの予算であれば、数カ所ほどこだわることが可能です。
あなたの好きな場所をアレンジしちゃいましょう。

 

3つ目は、3000万円前後の場合です。
これくらいの予算であれば、そこそこ満足のいく仕上がりになります。
キッチンやお風呂をあなた好みにカスタマイズしちゃいましょう。

 

4つ目は、4000万円前後の場合です。
これくらいの予算であれば、思い通りの家になること間違いなしです。
とても広い土地に家を建てることも可能です。

 

□まとめ

当事務所では、他社と比べて安くしかも予算内、ローンの返済が少なくなる夢のマイホームの実現を行っております。

上記「注文住宅の費用の内訳、また予算によってどのような家になるか」に関してお悩みの方は、下記ページをお気軽にご覧ください。

安くても良い家を実現する唯一の方法

無料メルマガ「ムダゼロ原価建築」に登録!!

建築費に含まれる広告費や中間マージンを省く家づくりであなたが欲しい家をあなたの予算内で実現。

設計費や施工費、材料費の原価で家を建てれば普通の価格でハウスメーカー以上の良い家が可能です。

自然素材や高断熱のデザイン住宅を予算内で安く建てる唯一の方法を紹介しています。

興味がある方は下記から無料登録。

失敗しない家づくり塾(基本編)全6回・無料 (1lejend.com)

軽く読んでみる▼▼

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。