注文住宅の費用は高い?費用を削減するための方法を紹介します!

安くても理想の家を建てたい方はメルマガに登録ください。

あなたの理想の家が予算内で実現します。

日本で一番安くて良い家を建てる方法です。

▽▽クリック

失敗しない家づくり塾(基本編)全6回・無料 (1lejend.com)

 


住宅を購入するのは、人生の中でも大きな選択ですよね。
その中で、注文住宅と建売住宅のどちらにするか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。
一般的に注文住宅の方が高いとされていますが、なぜ総費用に差が出るのか知っていますか。
今回は、注文住宅の費用が高くなる理由について佐賀の建築サポートが解説します。

 

□注文住宅の費用が高くなる理由について

注文住宅の費用が高くなってしまう理由は、工期の長さにあります。
注文住宅を建てる際は、自分好みに住宅をデザインできるため、どうしても工事にかかる期間は長くなってしまいます。
その分人件費が発生し、総費用が高くなってしまうのです。

また、注文住宅の魅力の一つである理想の住宅を実現できるといった点も、費用が高くなる理由です。
おしゃれで自分たちのこだわりが詰まった住宅を建てるためには、さまざまな設備を導入しますよね。
それに比例して費用が高くなってしまいます。

しかし、これらは建売住宅では実現が困難であり、注文住宅ならではのメリットでもあるので一概にデメリットとは言えないでしょう。

 

□工事費用を削減するための方法について

注文住宅を建てる際の取引では、大きなお金が動きます。
しかし、細かいポイントを押さえていれば工事費用を削減できます。
ここからは、その具体的な方法を紹介します。

1つ目は、箱型階段にすることです。
住宅内に設置する階段は、おしゃれさを求めて複雑な形にしたい方もいるでしょう。
しかし、費用を少しでも抑えたいのであれば、箱型階段がおすすめです。
このように、導入する設備を考える際は、シンプルさを意識して選べば工事費用を削減できます。

2つ目は、既製品を使う事です。
住宅内に取り付けるドアなどの設備を特注で作れば、もちろん費用がかさんでしまいます。
一方で、その代わりに既製品を使えば、その分の費用を削減できます。
既製品と言ってもさまざまなデザインのものがあるので、あなたの理想の住宅に合うものを見つけてみてはいかがでしょうか。

また、既製品を自分でペイントして加工すると、オリジナリティーが出るのでおすすめです。

 

□まとめ

注文住宅の費用が高くなる理由をご紹介しました。
費用削減の方法を参考にして、理想の住宅を実現させましょう。

当事務所では、他社と比べて安くしかも予算内、ローンの返済が少なくなる夢のマイホームの実現を行っております。

ムダな経費を省いて安くします。広告宣伝費や中間マージンをなくします。希望の家が実現するように設計図を作ります。

安くても良い家をつくるための秘訣です。

 

FBコラム

安くても良い家づくりはどうしたらいいのか?
カンタンな話で、自分が安いと決めた金額で自分が欲しい家を自分が作ればいいのです。
もちろん施主自身が設計図を作ったり現場で工事する必要はありません。その専門的なことをやる人はたくさんいるのでその人たちに任せましょう。
 
大事なことは、施主が決めるここですよ。施主が価格や設計図、依頼先を決めることができれば安くてもいい家が実現します。
多くの人は大手ハウスメーカーや建築施工会社にその大事な価格や設計図を決めてもらっているので高い家を買うことになります。
建築サポートはあなたの安くても良い家づくりのアドバイスとサポートをします。
 
もちろん、高い家を買いたい人は好きにすればいいです。
ですが安くてもいい家を欲しい人は価格や設計図は自分で決めましょう。
安くて良い家は普通の家づくりでは実現しません。
良い家は高いこれが普通です。
 
安くても良い家をつくるには常識ではない非常識なことをしないと実現しません。
しかし、何でもそうですが、初めてやることは全て非常識なことです。それが時間をかけて常識に変化していきます。
建築サポートの安くても良い家づくりも今は誰もやっていない非常識ですが、後10年くらいすれば常識になっているかもしれません。
10年ではまだ無理なら後30年ならどうでしょうか。
建築サポートも若い後継者に託します。
 
家具、キッチンの画像のようです
 
 
 

«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。