注文住宅の購入を検討している方へ!無垢材について解説!

 

失敗しない家づくり塾(基本編)全6回・無料 (1lejend.com)

 

注文住宅の購入を検討している方の中で、無垢材について詳しく知りたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。

近年は無垢材などの自然素材が注目されていますが、価格や扱いの大変さなどを考慮して使用を断念している方もいらっしゃるのでしょう。
そこで今回は、無垢材について佐賀の建築会社が解説します。

 

□無垢材と新建材の相違点とは?

無垢材と新建材の違いについてご存知でない方も多いのではないでしょうか。
新建材は接着剤で木材などの板を張り合わせて使うものを指します。
また、場合によっては表面にプリントを貼っただけで、木材を一切使わないケースもあります。

その一方で、無垢材は内側まで天然の木材でできたものを指します。
そのため、無垢材は新建材にはない特有の自然の温かみが感じられるのです。

 

□無垢材を選ぶメリットとデメリットについて

無垢材には、さまざまな強みがある一方で弱みも存在します。
無垢材を用いて注文住宅を建てたいとお考えの方は、これから紹介する無垢材のメリットとデメリットをよく理解してから検討するようにしましょう。

まずはメリットについて紹介します。
1つ目は、体に優しいことです。
住宅のフローリングを考える際は、主に無垢材と複合のどちらかを選ぶことが一般的です。

 

複合のフローリングには、化学接着剤を使用するのでシックハウス症候群の原因となる恐れがあります。
一方で無垢材のフローリングは、シックハウス症候群の原因となる物質は一切使用していないので体に優しい素材だと言えます。

 

2つ目は、無垢材特有の質感です。
この素材が人気な理由として挙げられるのが、他の素材にはない木の温かみなどの自然な印象が落ち着いた雰囲気を演出してくれることです。
また、この素材は経年変化を楽しめるのも魅力の1つです。
月日の経過とともに素材が変化する様子を楽しめるでしょう。

 

3つ目は、快適な生活を実現できることです。
無垢材を用いたフローリングは、木の低熱伝導率の効果で冬でもあたたかいという特徴があります。
そのため、1年を通して裸足でも快適に生活を送れるでしょう。
また、湿度を調節してくれる機能も備えてあるので、部屋の乾燥やじめじめとした不快感を軽減してくれます。

 

一方でデメリットとしては、費用の面が挙げられます。
この素材は木から切り取ったものを使うので、使用できる量に限りがあります。
そのため、他の素材と比べるとどうしても価格が高くなりやすいです。

 

また、表面の加工がされていないので汚れが付きやすいというデメリットもあります。
無垢材を検討している方は、メンテナンスの方法などについても知っておくと良いですね。

 

□まとめ

今回は、無垢材について解説しました。
注文住宅を建てる際には大きな資金が必要になるため、コスト面を考慮して無垢材以外の素材を選ぶ方も多いでしょう。


しかし、無垢材は快適な生活を実現するために効果的な役割を果たしてくれます。
ぜひ今回ご紹介した内容もご参考に無垢材についてご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

当事務所では、他社と比べて安くしかも予算内、ローンの返済が少なくなる夢のマイホームの実現を行っております。
上記「建築費」に関してお悩みの方は、下記ページをお気軽にご覧ください。
https://www.kashimacity.com/kenchiku-report/

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。