佐賀で注文住宅を検討している方へ!見積の出し方について詳しく説明します!

佐賀で「注文住宅を検討している」「新しく家を建てる際の見積もりの出し方について知りたい」
このようにお考えの方はいませんか。
今回は佐賀で建築サポートを行う当事務所が、見積もりの出し方について詳しく説明します。

 

□見積もりを出す前の準備について

見積もりを出すタイミングとしては、大きく分けて2つあります。
1つ目は工事を依頼する業者が、本契約を結ぶ前に提示する見積もりです。
この提示された見積額に納得すると、本契約を結び工事へと進んでいきます。

 

2つ目は工事を依頼する前のプランニングの段階で、どのくらいの費用が必要なのかを把握するために自分たちで出す見積もりです。
注文住宅を建てた方の失敗例としては、コストオーバーに関する問題がよく挙げられるので、その問題を対策するためにはプランニングの際に1度見積もりを出してみるのが良いでしょう。

 

この手間をかけることで、自分たちが実現できる設備の種類や規模などを具体的に理解できるようになり、コストオーバーの原因を事前に予防できるでしょう。

 

見積もりを出す前にする必要がある準備は、自分たちがどのような家を建てたいのかを具体的にイメージして言語化しておくことです。
業者が見積もりを出す際は、自分たちの建てたい住宅像を伝えて、業者がそのイメージに沿って工事内容や設備を考え、見積額が決まります。

そのためには、自分たちが持っている理想の住宅像をしっかりと伝える必要があるので、十分に時間をかけてプランニングをするようにしましょう。

 

□見積もりを出す際の注意点について

見積もりを出してもらった際に、自分たちが思っていた予算をはるかに超えてしまっている額を提示されることがあるでしょう。
その際に手間取ってしまわないためには、プランニングをする際に、理想の住宅を建てるために必要だと思う工事に対して、優先順位を決めておくと良いです。

 

こうすることで、見積もりの段階でコストオーバーが起きても、削るべき工事内容がすぐにわかるので、問題なくスムーズに手続きを進められます。

さらに注意が必要なポイントは、付帯工事費や諸費用に関する問題です。
これらの費用は見積書の中に記載されていないことがあります。


記載されていないことを知らないまま手続きを進めていくと、後になって支払いが増えてコストオーバーの原因になってしまう可能性があります。

このリスクを防止するために、見積もりを確認する際はこれらの費用が記載されているのかを、しっかりと確認するようにしましょう。

トラブルなく工事を終えるために、工事内容の優先順位をつけたり、理想の住宅像を言語化したりして、準備をしておくようにしましょう。

 

□まとめ

今回は見積もりについて詳しく解説しました。
この記事で紹介したことを参考にして、スムーズに家を建てられるようにしてください。


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。