佐賀は軟弱地盤が多いところ

家づくりは専門的なことが多く初めて家を作る方には

 

難しいこと分からないことばかりです。

 

 

しかし、全て業者任せでは、失敗する事もあるのも事実です。

 

 

少しでもあなたに 家づくりのことを知ってもらいたいと思います。

 

 

 

今日はあまり目立たないですが重要な地盤調査です。

 

家を支えるのは地盤ですよね。

 

 

普通は土地と言います。

 

地盤とは業界用語ですかね。

 

 

いくら基礎と家を頑丈に作っても、土地の状態が

 

良くなかったら、沈下してしまいます。

 

 

沈下を防ぐためにその土地の状態を知らなければなりません。

 

最近では液状化問題も出てきています。

 

 

その土地の状態を知りその上で的確な基礎設計を行なうのです。

 

 

地盤調査はその地盤の強さ、つまり地耐力を調べる為に

 

行なう調査ですが、調査方法によっては、地質も調べる事が出来ます。

 

 

基本的には、建築予定地の宅地の経歴や周辺の家屋のや塀、道路の

 

沈下具合などの状況を目で確認するほか、隣近所の人に聞く

 

聞き取り調査を行い、その結果に基づいて調査方法を決定します。

 

 

 

地盤調査の方法には、スウエーデン式サウンディング試験、

 

標準貫入試験、

 

表面探査法などがあります。

 

 

住宅では主にスウエーデン式サウンディング試験を

 

採用している住宅会社が多いようです。

 

 

どの調査方法を採用するのかは、住宅会社の監督さんに聞いてみてくださいね。

 

スウエーデン式サウンディング試験は

 

比較的簡易な方法で、先端に鉄の棒(先端がやじりのように尖っている)

 

を取り付け、家が建つ四隅と中心の5箇所を調査ポイントとして、

 

地中にねじ込み、1mの深さまでねじ込むのに必要な、

 

回転数を測定します。回転数が多いほど、強い地盤と言えます。

 

 

 

およそ、15mくらいまで調査する事ができます。

 

最高は20mまでの深さまでやってことがありましたよ。

 

 

費用は比較的、安いのですが、(3万円から5万円)

 

調査結果の信頼度がやや劣るとされています。

 

 

地中の中に岩などがあればそれ以上深く調査ができませんから。

 

 

調査が完了すれば、報告書が調査会社より提出されます。

 

 

報告書により、地盤の補強が必要ないと判断されたら、

 

 

報告書に記載されている、地耐力を元に基礎の形状を決定します。

 

 

地耐力と基礎の形状は建築基準法で定められています。

 

これを無視しないで、基礎を作ってくださいね。

 

 

一般的にはベタ基礎と呼ばれる形状の基礎を作る場合が多いです。

 

また、軟弱地盤と判断された場合は、その地盤に最も適した、

 

地盤改良をして強い地盤にする必要があります。

 

 

 

軟弱地盤に対する補強方法はいろいろありますが、

 

佐賀の地盤に最も適しているのが、杭打ち事業と言われる方法です。

 

主に松材が使われています。

 

 

要所、要所に松杭を支持層まで打ち込み家を支える工法です。

 

大きい機械で松杭を頭からグググと押さえ地中に埋めていきます。

 

振動は気にするほどありません。

 

ただお隣さんには、工事予定を知らせておいた方がいいと思います。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

地盤調査が的確に行なわれて、その調査結果に基づいて

 

基礎形状が選択されているのか、注意が必要です。

 

 

多くの地盤沈下の原因が地盤調査自体をしていなかったり、

 

調査をしても、結果を重視しないで、独自の判断をし、

 

その土地の強さを無視した基礎を作ったのが原因です。

 

 

せっかく良い家を建てても、完成よりも早く、家が傾いたら、

 

大変ですよ。

 

そうならないためにも、その土地に合った調査方法で調査をして、

 

その結果に基づいて適正な基礎が作られているのか確認が大事です。

 

 

それが家づくりの成功の秘訣です。

 

 

大体、佐賀の土地は軟弱地盤だといわれています。

 

特に佐賀市周辺です。

 

 

佐賀市に家を建てられる人は、地盤補強工事の費用を

 

最初から予算に入れていたほうがいいようです。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net