昨日、他社の見積もり査定のご依頼を受けました。

昨日、他社の見積もり査定のご依頼を受けました。

 

 依頼者の予算が土地、諸経費を含めて2500万円ということでしたが、

 ○マ○ームが総額2700万円

 ○コ○ステムが総額2800万円ということで

 ローコスト住宅の○マ○ームで200万円。

 

福岡県の○コ○ステムで300万円予算オーバーしているようでした。

  この2社の見積もりを拝見しましたが、あまりにも大雑把な見積もりで

 内容が不明ですので、内容、工事明細を精査することはこの見積もり書

 では不可能でした。

 

 最低でも工事明細が必要です。

 もちろん明細がない本体工事1式見積もりも、企画型住宅の場合は問題ないかも知れませんが

 コスト調整、精査、検討するには不向きです。

 

また、

 ローコスト住宅が売りの建築会社より200万~300万円

 安くするのはハッキリ言って簡単ではありませんが、

 全く無理かと言えばそうとも言い切れません。

 

これが実現すれば○マ○ームの上を行く超ローコスト住宅ですね(笑)

 

ただ、それを実現するにはいくつかの条件がありますが

 まずは、私の方でムダな費用が入っていない適切な積算見積もり(原価見積もり)

 をしてみようと思います。

 

その中で私の事務所でどのようなサポートをしてくれるのか?

 

というのがありました。

 

ホームページでもそれはお伝えしていますが、なかなか分かりづらいようです(笑)

 

そこで以下のようにお答えしました。

 

 

「見積査定後の当事務所の業務、サポートは

 

施主さんの予算内で経済的、心身的健康な家づくりを

 

実現するために設計と施工のサポートすることです。」

 

 ただし、それを実現するためには条件もありますがね・・・

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net