大手ハウスメーカーよりもいい家を安く建てよう

住宅相談はコチラをクリック

 

ハウスメーカーよりちょっといい家を予算内で建てよう。

 

これを実現するには限られた予算を効率よくどこに使うか?

 

ここが重要です。

 

予算配分のやり方で建てる家がどのようになるのかが変わってきます。

 

 

材料費にたくさん使えばどうなる。

 

施工費にたくさん使えばどうなる。

 

住宅会社の経費利益にたくさん使えばどうなる。

 

一度、ゆっくりじっくり考えてみてください。

 

 

 

 

さて、今日の話です。

 

 

 生活スタイルに合わせて『離す、遮る、つなげる』 

 

 

■離す、遮る、つなげる

 

 

キッチンとリビングがつながっていると、料理のニオイが翌日までリビングに残ることがあります。

 

そんな時、来客をリビングに招くのは気まずいものです。

 

 

また、キッチンは物が多いので雑然とした印象を与えやすい場所です。

 

 

そのため、来客の予定が入るたびに整理整頓に追われたり、目隠しや間仕切りを後付けする方は少なくありません。

 

 

来客の多さ、家族の人数、家族の生活時間の違いなどを考慮すると、

 

家庭によっては、一般的なLDKより『L+DK』

 

『L+D+K』

 

『LD+K』の方が合っているかもしれませんね。

 

 

「LDKはつながっているのが当たり前」と決めつけず、生活スタイルに合わせて『離す、遮る、つなげる』

 

工夫をしてみましょう。

 

 

 

■部屋の役割を固定しすぎない

 

 

家族の成長と共に部屋の使い方は変化します。

 

例えば、子どもが小さな頃は、宿題も遊びもダイニングやリビングで済ませがちです。

 

しかし、成長と共に自分だけの部屋で過ごしたくなるかもしれません。

 

 

また、子どもが巣立った後や、定年退職などで自宅で過ごす時間が長くなると、暮らしに合わせて部屋の使い方を変えることがあります。

 

 

そんな時、役割を固定しすぎた部屋は柔軟な対応ができません。

 

家族の生活スタイルの変化を予想して、可変性を持たせた間取りにしておくことが大切です。

 

 

 

■変化に備えて

 

 

いずれ部屋を仕切って二部屋に分ける予定なら、窓や照明スイッチの位置、収納の位置や量への配慮が必要です。

 

 

間仕切り壁を増設すると、防音性は増しますが可変性はなくなります。

 

一方、パーテーションや引き戸、可動式の家具などを用いれば、防音性は低いものの可変性は保てます。

 

 

 

なお、それぞれの家には、その重さを支えるために欠かせない柱や、地震の横揺れから家を守るために欠かせない壁があります。

 

それらは、リフォームの際も撤去できません。

 

 

可変性を維持したい場所の柱や壁は、構造や性能に影響を与えないものにしておきましょう。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net