これからの時代。いい家を安く建てることが大事

今までの業者さん主導の家づくりを施主さん主導の家づくりに変えるには、いろいろなことを変えなければなりません。その中で一番目に変える必要があるのはいい家を安く建てる。安くてもいい家にする。

 

施主さんの希望の家を施主さんの予算内で建てることができるようにするということです。

 

 

今までのいい家は高いというのをいい家でも安いにするわけですから今までの家づくりをしていてはいい家が安くなりません。いい家を安く建てることで一番大事なことはムダな費用は省く、ムダな作業はしない。

 

これが一番です。今までのように住宅会社が普通に行う展示会をやめる。営業マンによる接客をやめる。豪華なモデルハウスをつくらない。多くの社員を雇わない。

 

 

これをやらないだけで価格や建築費は数百万下がります。その他にも細かいことを言えばいろいろありますが、とにかくコストがかかるムダなことは一切やらない。これが大事です。

 

新型ウイルスの影響が少しずつ出てきている今の状況。

 

今までのようにたくさんの住宅ローンを組んで、35年という長い間返済し続けることができないかもしれません。
これは何が起きてもいいようにムダなお金を使わないようにしっかり自己防衛して楽しく人生が送れるようにしておかないと大変になるかと。

 

 

人生80年の間、何が起きるかわかりませんね。
自分の大切なお金をムダにしない家づくりを希望される方は少しでも正しい家づくりの知識を知ることから始めましょう。

家づくりの成功の秘訣メルマガはこちらから登録できます。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=162197
https://jyuutaku-sienn.net/

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net