予算が無くても窓だけは高性能な窓にしよう!

最近の住宅は程度の差こそありますが、高気密高断熱の住宅です。

高気密高断熱の住宅は夏涼しく冬暖かい家になり、冷暖房も少ないエネルギーで家中を

快適にし、健康的に暮らすことができる住宅です。

原発問題もありこれからは益々節電も求められてきます。

2020年 注文住宅を安く建てる!いい家安くプロジェクト!

 

そのような中で高気密高断熱の住宅を建てることは、快適に省エネに暮らせるというだ

けではなく地球環境を考える上で大事な建て主や工務店の義務みたいなものでしょう。

 

その高気密高断熱の家ですが、今の建築業界を見てみると、まだまだという感じです。

 

断熱材に関しては、外断熱や高性能断熱材が良いということでいろいろやっていますが、

窓に関してはまだアルミサッシのペアガラスが多いのが現状です。

特に佐賀など温暖地では高断熱住宅そのものがまだまだ少ない住宅になります。

 

 

本当に地球環境や省エネ、健康的な暮らしを考えるならまずは、壁や天井に入れる断熱材

より窓の断熱化をしなければなりません。

 

なぜなら、壁や天井からの熱の出入りより窓からの熱の出入りが多いのですから窓をしっ

かり断熱化しないということはムダにエネルギーを浪費していることと同じです。

 

冬場は、窓から外へ逃げる熱がなんと50%もあるのです。また、夏は、窓からの侵入し

てくる熱が70%にもなります。

 

家の中で最も熱の出入りが大きい窓を中途半端なアルミサッシのペアガラスにしてはい

けないのですね。

 

高気密高断熱の家というと断熱材や外断熱だけが注目されますが、本当は窓こそ最も大事

な部位なんですね。

 

もちろん予算が有れば窓と共に断熱材にもお金を掛けていいのですが、限られた予算でそ

こまでできないというのであれば窓を最高の性能にするだけでも十分な高性能住宅になり

ます。

 

予算が無くても窓だけは高性能な窓を使いたいものです。

樹脂の遮熱断熱ガラスくらいは使うようにしたいものです。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net