家づくりの予算配分例

建築サポートの家づくり。

 

建築サポートの家づくりではいい家が安いというコンセプトで家づくりをサポートしています。

 

比較してみると今の家づくりでは住宅会社の粗利益の高さが良くわかります。

金額は大まかな金額の比較ですが、粗利益の部分のコスト削減を実行すると

400万円~500万円は確実に安くなるようです。

 

 

ハウスメーカー、一般の建築会社の粗利益の中には社員建築士の

設計監理費が含まれます。

 

こうしてみると粗利益の差が価格の差になりますので

いい家を安く建てたい場合は粗利益を減らすことを

考えないといけません。

 

粗利益は住宅会社さんにとっては必要な費用ですが、

施主さんにとってはできるだけ少ない方が良いという訳です。

住宅会社のブランドや商品に特別なコダワリガなければ

築サポートの家づくりはいい家を安く建てるためには

ベストな方法です。

 

必ず、絶対、確実に安くなるとか、保証はできませんが、2割、3割相場価格より

安くなるように今までの経験や知恵、人脈を使ってアドバイスサポートします。

 

35坪の自然素材x高断熱xデザイン住宅を建築した場合。

予算配分例1

費用項目 ハウスメーカー(税込) 建築サポート(税込)  
材料費+施工費 ¥17,745,000 ¥18,700,000 小規模工務店
設計監理費 ¥0 ¥1,100,000 設計事務所
建築会社の粗利益 ¥9,555,000 ¥2,200,000 フルサポート費
建築費合計 ¥27,300,000 ¥22,000,000  
差額   ¥5,300,000 コスト削減分

 

予算配分例2

費用項目 一般建築会社(税込) 建築サポート(税込)  
材料費+施工費 ¥17,150,000 ¥18,700,000 小規模工務店
設計監理費 ¥0 ¥1,100,000 設計事務所
建築会社の粗利益 ¥7,350,000 ¥660,000 サポート費
建築費合計 ¥24,500,000 ¥20,460,000  
差額   ¥4,040,000 コスト削減分


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。