今の家づくりはムダな費用が多く含まれていると思いませんか?

今の家づくりにはムダな費用がたくさん建築費に含まれています。

 

 

広告宣伝費や営業マンの人件費、モデルハウスの維持費などなど

 

結構な金額が含まれています。

 

見積の中には出ていないので、施主さんが見積もりを見ても分か

 

らないようになっていますが、実際は500万円~1000万円という

 

お金が自分の家以外の事に使われています。

 

 

もちろん、建築業者の経費や利益は必要なのでそれを全部削減

 

しましょうという事ではなく、ムダな経費や多すぎる利益は

 

全部減らしましょうという事です。

 

 

施主さんにとって必要が無いムダな費用を減らすことができれば、

 

300万円~800万円は建築費が安くなりますし希望の材料や設備機器も使うことが可能になります。

 

 

300万円~800万円安くなるという事は住宅ローンも減ることになりますし支払いも無理なく払える。

 

 

 

建築費を安くしなくてもいい人は素材、品質や住宅性能を高めることに使っても良いですし使い方いろいろです。

 

施主さん自身がその使い道を考えたらいいかと。

 

 

 

 

もう少し詳しく・・

 

 

日本の家は諸外国と比べて高いと言われていますが、

 

日本の家が高い原因も分かっています。

 

通常、家を建てるには材料とそれを組み立てる職人がいれば

 

家は建ちます。

 

 

材料費と職人または小規模な工務店だけで家づくりをすれば

 

ハウスメーカーや

 

工務店が建てる家は今より20%~40%も安くなります。

 

40%の経費利益を取っている、ハウスメーカーで3000万円

 

かかる家なら

 

単純に見積もっても1200万円は安く作れます。

 

 

 

20%経費利益を取っている工務店で2000万円かかる家なら

 

400万円安く作れます。

 

材料費と職人の人件費ならそれくらい安く作れるのです。

もちろん、利益なしで家を建てる建築業者さんはいませんんが・・

 

ただ、昔と比べ今は設計が大事になってきたので、

 

設計費のコストは十分に撮ってほしいですね。

 

 

 

 

 

なぜこんな高い家を今の人は建てているの?

 

安く建てる知恵や智慧を使わないからです。

 

 

 

 

このような家づくりの方法があることを多くの人は知りません。

 

知らないからわざわざムダな費用まで払って高い家を建てています。

 

もちろん単純に価格を安くするということは、品質低下を招くと

 

いう危険性もあります。

 

 

 

ハウスメーカーの営業トークにこんなものがあります。

 

「大工さんや工務店で、そんなに安く建てて品質や性能は本当に

 

大丈夫ですか?」

 

こういわれると、心配になるのが一般の人です。

 

 

ここがハウスメーカーが狙っているところです。

 

高い=安心=安全=品質が高いということをPRしています。

 

 

 

しかし、金額が高い、安いはあまり住宅の品質には関係ありません。

 

むしろ作り手の価格や家づくりに対する考え方、意識、情熱その

 

あたりが品質に大きく関係してきます。

 

 

 

 

家を取得するのに日本では多くの人が年収の6~7倍もの借金を

 

して取得しています。

 

 

 

今は金利が歴史的に安い時代なのでそれでも何とか生活でき

 

ますが、いつまでもこの低金利時代が続くとも思えません。

 

 

 

高金利になってこのような多額の借金をすれば破綻してしまう

 

というのは目に見えています。

 

 

また、金利だけではありません。

 

身の丈以上の高い家を買ったら支払いができず破綻します。

 

自分の収入を良く考えないといけないです。

 

 

 

 

住宅ローンで生活が圧迫しないためにはとにかく高品質の家

 

を安く建てることです。

 

 

 

高品質の家を安く作るには、材料費や職人の人件費や設計費

 

だけで家をつくることです。

 

間違ってもハウスメーカーのように価格の半分が経費・

 

利益という建築会社に依頼しないことです。

 

ムダな費用を使わないことです。

 

 

 

 

建築会社や大きな工務店は会社が利益を出す家づくり

 

のサポート、接客は十分しますが、あなたが家を

 

建てた後のあなたの生活まではサポートはしません。

 

 

 

当たり前のことですが。

 

 

 

ゆとりある生活をするのか?

 

 

住宅ローンの支払いに追われる生活をするのかは

 

あなたの選択次第です。

 

 

 

家を建てるならムダな費用を家の価格に転嫁しない

 

依頼先で家を建ててほしいと思っています。

 

また、それができる方法の一つが建築サポートと言う

 

家づくりです。

 

 

家づくりの依頼先として今までの

 

1・ハウスメーカー

 

2・設計事務所

 

3・建築会社、工務店

 

に続く第4の方法として、現在、私が取り組んでいる

 

建築サポートの家づくりをこれからも積極的に広めたいと

 

考えています。

 

 

 

 

 

 

今までの工務店、ハウスメーカー、設計事務所とは

 

一味も二味も違うやり方で家づくりをサポートしていきます。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net