そんなに値引き要求していいの?

家電や車を買う時にあなたは値引き交渉したことがあると思いますが

 

 住宅の場合は安易な値引き交渉は危険です。

 

 

そもそも値引きが可能なら住宅会社も最初から安い見積を

 

提示すべきではないでしょうか。

 

値引き要求をする人には値引き対応を行い値引き要求しない人には

 

見積通りの高い価格で家を売る。

 

施主側にとってはこんなことが許せるわけはないという事です。

 

(何度も言っていますが、いい家を安く建てる唯一の方法は

 

材料費や工事費はコストダウンを行わず、建築業者の粗利益を

 

適正に減らすことです)

 

 

 なぜなら、簡単に値引き交渉に応じる業者は材料抜きや手抜きを

 

 平気でやる可能性が高いからです。

 

 

 

  値引きしたらどうなる?

 

 

  誠実な業者が見積書をつくる時、

 

  材料費・設備費、人件費、会社にとって必要な利益など、詳細に計算します。

 

  そこから値引きするとなると、

 

  材料や設備のランクを落とすか、人件費が安い大工に仕事を任せるか、

 

  会社の利益を削って経営を不安定な状態にするか・・・。

 

 

  どれもこれも不安ですね。

 

  腕の良い大工はそれなりに人件費も高いものです。

 

  もし会社が倒産したら、アフターサービスを受けられなくなります。

 

  では、材料費を削ってもらいますか?

 

  そんなわけにもいきませんよね。

 

 

 

   なぜ値引きを提案できる業者がいるのか

 

 

  こちらから値引き交渉しなくても、業者の方から

 

  「今月中に契約して貰えるのなら○○万円値引きしますよ」

 

  といった提案をしてくる場合があります。

 

  その場合、値引きを前提とした見積書を作っているかもしれません。

 

 

  あるいは、今回の契約で多少会社の利益を削っても、

 

  他の契約でカバーすることで、年間の損益がプラスになればいい、

 

  という考えなのかもしれません。

 

 

  もしあなたが

 

  相手から値引きを提示するような場面に出くわしたら、ぜひ

 

  「どうしてそんな金額を値引きできるんですか?」

 

  と尋ねてみてください。

 

  とても興味があるので、答えてもらえたら私にも教えてくださいね。^^

 

 

 

  値引きを要求しても大丈夫なのはコレ

 

 

  金額が変わっても品質が変わらないものは、

 

  安心してどんどん値引き交渉してみてください。

 

  家づくりでいえば、土地と建売住宅です。

 

  もちろん中古住宅も大丈夫です。

 

 

  もし新築住宅で価格を下げたいのであれば、

 

  施工面積を減らしたり設備のグレードを落とすなど、

 

  根拠をはっきりさせた状態で

 

  業者と一緒に試行錯誤してみる方がいいでしょう。

 

 

  根拠のない値引きは欠陥工事や手抜き工事のモトです。

 

 

  それにしても、価格の安さでしか選ばれない業者は、

 

  自分の家づくりを誇りに思えているのでしょうか。

 

  他人事ながら少し気の毒になりますね。

 

 

 私がお勧めする値引き交渉は直球勝負です。

 

 いろいろな小細工を考えないで、

 

 「あなたに頼みたいのですが予算が足りません。

 

 ○○万円安くしてくれませんか?」

 

 というように業者に言ってみましょう。

 

 

 誠意ある良心的な業者なら品質を下げずに上手に

 

 価格を下げる方法を提示してくれることでしょう。

 

 

 間違っても、「値引きしないなら他社で建てるよ」

 

 なんて言ったらだめですよ。

 

 

 例えそれで値引きができてもいい家になることはありません。

 

 業者も人ですから、気持ちよく仕事ができるのといやいや値引きした

 

 家とは気持ちの入り方が違います。

 

 モチベーションというんですか。

 

 

 要は気持ちも問題ということです。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。